2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「明日はどんなかたちになるのだろう」アダムスピーク(見学より) | トップページ | 「友よ」フレールジャックの悲しい7月 »

「何度目かの日ノ出」スタリオンとしてのディープインパクト

Img_8175_k

牧場見学の時は5月でちょうど種付けシーズンで、見学場についたのが12時ころで、もう午後からの種付けに備えて迎えが来る頃だと出口にへばりついているのを遠目のところを撮りました。

シーズン中とあってさすがに枯れ気味というか、お疲れさんという感じでしたが、年齢もいっているせいもあって、だいぶ落ち着いてきたなと。

Img_8168_k

それにしてもクラブの募集、セレクトセールと特に牡馬の出来の良さは何なんだろうと、たしかに結果が出てからの世代だけに、良い繁殖が集まってきているのもわかるけれど、それにしても。。牡馬は諦めなあかんなと。。今年のシャダイ系2歳から始まったという時期を早めての昼夜放牧も彼の産駒にぴたりだったかもと。。

« 「明日はどんなかたちになるのだろう」アダムスピーク(見学より) | トップページ | 「友よ」フレールジャックの悲しい7月 »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「何度目かの日ノ出」スタリオンとしてのディープインパクト:

« 「明日はどんなかたちになるのだろう」アダムスピーク(見学より) | トップページ | 「友よ」フレールジャックの悲しい7月 »