2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「今年は春がなかったと燕は告げていたけれど」ペプチドアマゾン、アポロソニック(ダービーより) | トップページ | パドック百景「刺激的な心」キズナ »

「たてがみの永遠に喧噪の声さえ淡く」ウイニングチケット、アグネスフライト(ダービー、パドック展示)

Dscn3617

指定席にあたって、調べていると、ウィニンクチケットとアグネスフライトの展示が昼と朝の9時10分からあるということで、それなら一度も見たことがない、開門後の大騒動の後くらいの見物もかねて 朝の部の展示にいってみようかと。前泊で。。

それにしても、開門後の喧噪はすごい。。食事処は、朝食をとる人でどこも満員状態。。朝の8時すぎなのにビールはバンバン売れてるし。。昼と完全に勘違いできる。時差ボケしてるみたいな感じさえあった。

ウィニングチケットは、そのころからあまりにも競馬場が一杯で、恒常的な徹夜組、場所取り、いやになって、仕事も忙しいしで。。。興味がなくなりだしたころの存在。形も崩れていたけれど、首刺しから鬣にかけての迫力は記憶があり、ぞっとするほどだった。

Dscn3564

アグネスフライトのダービーの年の春は、見にいったのが彼の京都新聞杯とその前々走だけ、3月に見てその時は惨敗、でもなにかあると思って、追いかけて勝ってダービーへ、抜けてきたときは、釘を刺したように痛いドライアイ気味だった左目から涙が止まらなかった。

Dscn3640

それにしても、朝にこの人、朝は見物だけで昼にこようと思って、ホテルに一眼レフはおいてきたけれど。。昼には入れないんじゃないのかって。。

« 「今年は春がなかったと燕は告げていたけれど」ペプチドアマゾン、アポロソニック(ダービーより) | トップページ | パドック百景「刺激的な心」キズナ »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「今年は春がなかったと燕は告げていたけれど」ペプチドアマゾン、アポロソニック(ダービーより) | トップページ | パドック百景「刺激的な心」キズナ »