2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「桜の舞はイタリア人気質」アユサンとCデムーロ(桜花賞より) | トップページ | 「あと一歩もう一歩の連中」グランプリボス(マイラーズカップ1着) »

「いつも負けて欲しいと、今まで負けなかったんだと」ハギノカムイオー

App2200

遥か前にシービー、前々年ににルドルフが、いなくなってしまったあとにそれより前の世代のカムイオーの訃報には少し驚かされたというか。

超良血で、セリ史上最高額、クラシックまで負け知らずで、大本命がトライアルで故障しリタイアする幸運とできすぎていて、馬体に素晴らしさが欠けているような感じもして、嫌で負けて欲しかった存在でしかなかったというか。

ただこの世代ほどある程度レベルがあって混沌としていた世代も他に無いほどだったし、血統もサンデー系ばかりだからの現在よりもいろいろなタイプがあったし、それはそれは面白かったというか。。

82kys1

ハイセイコー、TTGでの空前の競馬ブームの10年が過ぎて、アイドルホースをどうしても作りたい時代だっただけに、その血統から期待されたのは少し酷であったというか、マイル路線が出来る前のマイル血統的存在だっただけにマイル路線が確立しておれば、本当の意味での彼の強さを見られたかもしれないと。

ただそのあとの需要というか、オグリへ続くブームの最初の地ならしをしてくれたのは間違いなく彼であり、貢献は、成績を見て語られるより遥かに大きいだろうと。写真はジャパンカップと京都新聞杯です。

« 「桜の舞はイタリア人気質」アユサンとCデムーロ(桜花賞より) | トップページ | 「あと一歩もう一歩の連中」グランプリボス(マイラーズカップ1着) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「桜の舞はイタリア人気質」アユサンとCデムーロ(桜花賞より) | トップページ | 「あと一歩もう一歩の連中」グランプリボス(マイラーズカップ1着) »