2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

「新しい扉を開ける新しい未来があるだから振り返るな」オルフェーヴルOrfevre(大阪杯1着)

Img_60611

ちょっと人疲れしたと。人も多いしみんないつもより行ったり来たりしているしで。。

この日に見ておかないとあとが大変だと思って出かけたけれど今日で十分大変だった。。ほんと指定席を押さえといて良かったと。レースが終わって寝袋持ってる奴見てゾッとしたし。。

パドック、返し馬では随分軽い動きが出来るんだなと。いままで、入れ込みもあったけれどそれが無くなったので、その分軽い動きが浮き彫りになったのかもしれないけれど、軽さと速さを感じて、日本の馬場では完調であれば強いだろうなと。

Img_6139

それと体の毛色がもっと赤い感じの印象があって今回はその赤みは感じなかったけれど、前年の春の天皇賞の時はいかにも体調が悪そうな赤みの無さだったけれど、今回は成長してその部分がなくなった感じで、前年とは違うなと。

Img_6044

それにしても凄いと感じるのは、上がりの1000メートルレースの上がり57秒5を1秒あとから外を回って差し切っているのだから自身は56秒前半で走っていることになること。結構ゾッとレースが終わってから、ずっとしているのだけれど。もう一つは、オルフェと同じ内容をやった馬があと2頭いること。これも凄い。

Img_6081

「敵は57キロと動画サイト」苦難のインディーグラブ

Img_4442

ディープ産駒で、評判になりながら、500万にいる馬がいるけれど、みんな57㌔と動画サイトに苦しんでいるのじゃないかと。

ディープ産駒の特徴だと僕は思っている斤量への敏感さは、春シーズンになって斤量が増すごとに可能性が薄くなっていくクラシック戦線をみても何となく感じられるし、ザッと成績をみても57キロ以上の勝ちは他と比べて少ないなと思うし、小柄という産駒の特徴だからと言う見方もあるけれど、結構大きな馬でもそんな感じがするし。。

もう一つは動画サイト。若い頃に未勝利とかを勝ち上がっている動画は、鮮やかに差して勝つのが多い、それが特徴だと思われている。本当はそれ以上に500万で差そうとして、差せずに何も出来ない状態が多いから勝ちあがれないのに、乗り変わりで騎乗依頼された奴は、差して勝った方を検索して、それはすぐに出てくるからそれを選んでしまい、それが特性だと勝手に思ってしまう。差す方が騎手としては楽だし。勝ったときは爽快感があるだろうし。。結局は不完全燃焼の結果で。これが、騎手固定なんて出来ないクラスだから繰り返されて、この前の中京戦でも馬が行こうとしているのに押さえてしまったところで、あーあと。。。こいつも勝ったレースだけ検索して。

Img_4397

それに加えて彼の特性としては、坂を昇りながら追い出されると少しも伸びないと言うかバランスを崩すので、平坦なところでスパートしたいしで。。。それが何となく理解されていないような。。。

とにかくこの500万を突破して、なんとかそのためには前に行って、勝ち上がれば斤量が軽くなる分、クラスがあがっても同じくらい以上の成績にはなるはずで、そのためには芝で上手い減量騎手で。。なんとかなりませんかなぁー。。。

「帰るべき場所はやさしい星」レッドデセーオ(3月引退)

Img_3728

骨折で引退です。仕方がない。よく走ってくれました。もう少し行けたかもしれません。

自分にとってはミス下河辺牧場的な存在でした。牧場見学の時に非常に良くして頂いて、それで見せて頂いた彼女の姿は、牧場の色や香りがあった気がします。

タキオン産駒でありながら、速さがなく、馬力頼りのダートレースでしたから、少しでも雨が降って馬場が速くなるとメンバー的に勝てそうで人気の時でも着順が大きくなって、それが見ていて結構辛かったのが今となっては。。

もう少し数多くトップジョッキーに乗って欲しかった気もします。臆病が好きな馬でしたから、もう少しもう少しそこから切り離してくれる存在がほしかったと。

Img_4533

名古屋競馬に見に行ったとき、はじめての名古屋の小さいパドックで人に囲まれて、いらついていて、彼女は優しくない人に囲まれるのが嫌いなのかもしれないなと思ったモノです。

彼女が走っている間に大きく種牡馬状況は変わって、世界的にはノーザンダンサー系が余ってきているせいもあるかもしれないけれど、可能性の大きな非サンデー系の種牡馬が多く日本にいますから、アメリカの名馬を結集した彼女の血統が花開くことも夢ではない気がします。

だからくれぐれもお大事に。

「そう上手くガツンと行かない現実」コメットシーカー(毎日杯5着)

Img_5874

パドックで見たときに大変な素質馬であることはすぐに分かった、何もかもが大きな造りでそれでいて速くて力強さもあって、ただ少し弱い部分はさすがに2戦目だけにあるような気がしたけれど、前年の2着マウントシャスタよりは断然良いような気がした。

問題は府中の初戦1枠からの1分49秒5をどれだけ詰められるか。一流なら同じ条件で3秒として、それに阪神の洋芝やこの日の直線向かい風の影響でどれだけその3秒が落ちるか、毎日杯は過去47秒前後の決着なので、ぎりぎり勝ち負け出来る範囲かと。

Img_5835

あと気になったのはメンコ、前走はG1の日曜日であり、今回は寒い土曜日、明らかに静かな中での、ガツンと気性的に来ないようにとの策がどうでるか。。

レースは、前半58秒台だったけれど向こう正面追い風では、そんなに速いペースじゃないはずでこの日の風も考えれば先行馬のペース、差してきたのはキズナと彼だけ、先にiいる馬を利用し、向かい風を避けようとしてか、まず内をついて、キズナが抜けた外があいたので、外ムチのまま追いながら今度は外に出す少し不用意な騎乗で坂の上り初めを真っ直ぐに走れず、前走から2秒詰めるのが、今回10番枠でもありこれが精一杯。。。パドックでの馬体が眩しかっただけに唖然。。。

Img_5701

今回は気性面対策でのメンコも裏目に出た感じで2走目でガツンとくることも無し、前回ほどの首を伸ばした大きなフォームでもなかったのが加えて残念あり、周囲にもそれほど理解されていない感じもして。。不安と言えば不安。

ただ外にだされてから100mほどで5着に来ていたのには驚き、次回春風そよぐ状況で、直線を真っ直ぐに走るのなら、ここから1秒詰めるのは容易だろう。

「化学反応は無限大」キズナ Kizuna(毎日杯1着)

Img_5865

直線が強い向い風、向こう正面は追い風、先行馬には有利な風であることは、9Rに同じ条件で行われた500万で明らかだった。このレースも3コーナーで動かない追い込み馬の3着までが消えたと思って見ていたけれど、1頭だけ、その物理的なモノが働かなかった。

Img_5862

勝ちタイムの1分46秒2はちょっと想像できないほど速いタイムだと思う。ウィナーズサークルの関係者が、派手な勝ち方の喜び方でなく、明らかに自分たちが予想していた以上の強さに出会って素直に興奮していたのが印象的だった。

Img_5811

それにしても皐月をやめてもしマイルカップに回ってくると。。。ちょっと例年以上のハイレベルのマイル戦がみられるかもしれないと。

Img_5815

前走コース取りの失敗を口にし、相手関係は凄く楽になったとはいえ、それを修正して勝ちに繋げてきた武騎手。改めて手腕には脱帽。自然と起こった拍手は2週連続。。少しは競馬場も明るくないと。。

「黄金にも深み」ゴールドシップGold Ship(阪神大賞典1着)

Img_5557

パドックの写真を含めて、肩の深さというか逞しさが凄いなという感じでした。マックイーンとかステイゴールドとかはもっとゴツゴツしい歩き方が印象だったのに、彼は実にスムースな歩様で、低く長く力強く早く後ろ脚が地面を蹴っているのが印象的でした。

Img_5504

レースはいつもの通り、引き上げてきたときにはケロッとしていてゴールの時は指定席でも歓声と拍手が上がって、レースの写真がガラス越しで失敗したこと以外は良いレースでした。

Img_5462

天皇賞は、負けないが妥当でしょうが、この日も見せていた、コーナーを他の馬よりも減速せずに、しかも最短距離で曲がれる他の馬よりも格段に優れた才能を活かしてレースが淀で出来るかが鍵でしょう、楽勝ではあったけれど差は、それ程無かった面をどれだけ強調して見るのかどうかも分からないけれど、少しは気になると。

それにしても赤のゼッケンが異様に似合うのがカッコ良いですね。

「阪神にも春の嵐」レッドセイリング(3月17日新馬1着)

Img_5323

まったくの楽勝で、血統馬が現れた感じの新馬戦。時計も少し水分を含んでいた土曜日の未勝利戦なみの時計なのでそれなりに早いのだろうと。

Img_5312

兄ブラックヒルに後ろ脚などは似ているような気もするけれど、まだ歩き方自体が新聞などで、もうひと追い欲しかったとの記事があったように、他の馬からするとシッカリ大きくは歩けていないような感じもあって、似ているかどうかが判断できない感じもして。

Img_5339

この1戦でどう変わってくるか、次芝を使われるだろうけれど、そこでどれだけの成果が出るかで、大体の彼女の方向が決まるのでしょう。それにしても牡馬相手に持ったままは強烈であり、返し馬を見ているときにこれは違うなととも何となく感じたし。。

Img_5300

「1日で何度も美味しかった日」カミノタサハラ、ロゴタイプ(12年11月25日より)

Img_9501

12年のJCの日には、カミノタサハラが新馬戦、ロゴタイプが500万戦を走っており、この日のメインのJCを含め、この日府中に来ていた人は、かなりお得な日であったと。

Img_9531

カミノタサハラは、兄の軽やかな動きとは違って、力強い動きを出来るタイプなので、それがどう出るかと思っていたら、圧勝で、強いなと。

Img_9579

(ロゴタイプ)

ロゴタイプは、もうこの時くらいから混み方がひどくなって動けないのでレースは見れなかったのでパドックだけだったけれど、カッカしているのは父に似ているけれど、体は華奢じゃないなと。この時は主役級になってくるとは思わなかったけれど。

「今が吠え時」アクションスター

Img_1249

デビュー戦の時は、フラフラしている感じ、写真のラジオNIKKEIの時は、自分の入れ込みでさらに自分を追い込んでいる感じで。いわゆる若さがアリアリな状況だってけれど、素質はあることへの疑問は意外と湧かなかったと。

Img_1130

だんだん着いていけなかったレースっぷりが解消されていくだろうから、春のクラシックロードの中で変化を続けることも可能じゃないのかと。タキオン最後の世代の一吠えに期待。

「春男襲名なるか」アドマイヤラクティ

Img_2666

ダイヤモンドS勝ちから直接春の天皇賞にむかうとか。名前はラクティなので、マイラーかなと思っていたら、長距離得意で、上昇の仕方は前年のギュスターヴと同じようなラインを少し上回って春になるのかなと。

Img_2667

昨年6月に撮った写真をいつか載せたいなと思っていたので、なんとかそれが出来て、天皇賞は岩田騎手だそうで、ピントはその点でもずれてないかなと。

Img_2628

「ガリレオの勇気を何度でも」ヴィルジニア(チューリップ賞より)

Img_5258

歩き方を見ていると、後ろ脚全体が大きく動いて最後に蹄のスナップで蹴るまで、加速度が感じられて、サンデー系の後ろ脚が伸びきる感じだけの素早い動きと比べると、力があるなとの印象をもちます。

Img_5210

走り方も首が比較的短いのも血統なのでしょうが、顔と首の接合部分にも独特の力感があって、首全体の下側をグイグイ出してくる感じの走りにも違いを感じます。

Img_5211

父ガリレオでこれだけ走る馬もいないので、何とか良い形でオークスにでられないかと思います。チューリップ賞の最後まで諦めない走りはアーバンシーのものなのでしょうか。それにしても彼女の瞳の綺麗さもサンデー系の馬じゃない無い綺麗さがあって、少しだけ驚きます。

Img_5131

「なにみてどこへ」リグヴェータ(アルメリア賞1着より)

Img_5055

切れ味があるようでないはずとみていたら、切れ味が思っていたよりあった感のリグヴェータ。勝たれてみて逆にどういう可能性の持ち主なんだろうと。ヒョッとしてもっと前に行けるようになって自然に良い位置に行けるようになればおのずと適性とかがハッキリしてくるかなと。

Img_5009

クラシック候補の登場だけれど、評判馬揃いとはいえ、ややスローペースの1800外回りのディープ産駒。。。少し見飽きてきた感じがあり。。。もっと印象深いモノがほしいような感じがすると。

Img_5036

「美しさは花びらよりも軽やか」ローブティサージュ(チューリップ賞より)

Img_5195

パドックから軽やかな歩き方、独特の柔らかい身のこなし、何かは持っているなと思ったけれど結果は案外で。

外枠であったことも含めてのレースの位置どりが後ろ過ぎたこと、直線が強風過ぎて小柄な馬には辛かったことが物理的なもの。

Img_5197

4コーナーを過ぎて、追い出そうとしたとき、前の馬にフラフラされたために、ジャパンカップの時にさあと言うときに遮られて結局不利は見た目には小さいかもしれないけれど、坂を上がってフォームが変わるときにだったために考えている以上に不利が大きくなったオルフェのように、向かい風の中、コーナーを曲がってからのゴーサインの時にフラつかれた不利が予想以上に大きかったかもと。

Img_5198

もう一つは、少しまだ集中していないのかもと。結構返し馬は圧巻なものであったと。。

「レースは終わったのか始まったのか」クロフネサプライズ(チューリップ賞1着)

Img_5247

直線強烈な向かい風だったので参考にならない部分もあるだろうけれど、鮮やかな逃げ切りには、それなり以上の敬意が必要だろうと思う。

Img_5177

印象的だった及び写真をみて印象的なのは、レースが終わって引き上げてくる間もずっと武騎手が折り合いに専念していること。レースが終わっても奔放に走らせず、引き上げてくるときも前の馬に追いつかせず。。逃げ馬にこそ折り合いが必要だからそうしているとしたら。。これが本番に生きてきたら。。凄いよね。。

Img_5230

ゴールの写真は2着のモノばかり、ゴール過ぎの指定席ががら空きの土曜日は、こういうトライアルで人が少ないのに場所取り合戦のラチ沿いにガッカリすること無いので迷わず指定席に座るけれど、逆に写真は実況が頼りになる、だけどこのレース2着争いを実況するばかりで1着にはゴールまで極端に少ない実況。。。まそれでも楽に撮れるので良いけれど。。

「名のみの春の思い出に」エピファネイア(弥生賞へ)

Img_1312

タイムは遅いけれど強さはピカイチ、どことなく平坦小回り得意な父だけれど、母は中山で圧勝しているし。。

Img_1310

鞍上はビュイックですが中山でどうだろうと。どこから行くか、どこまで控えるか、これはキズナにも言えることだけれど。パドックを舐めるような歩きが出ていたら好調で、それなりに成長もあって。。(写真は12月22日ラジオNIKKEI)

Img_1120

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »