2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

「飛んで飛んで飛んでときたら次は。。」アドマイヤフライト(3連勝でオープン入り)

Img_4667

なかなか3連勝でのオープン入りは余程の事がないととみていた23日の準オープンを見事に勝ってのオープン入り。。なにか持っているのかと。レースは最近の準オープンでは見てみたいと思わせるメンバーだったので、それを勝ちきるのはそれなりのものがあるような。。

Img_4707

パドックで見るとマンハッタンカフェの産駒らしい格好良さがあるなと思って、写真とか走っている姿とかをみるとトニービンの影響が他より少し強くて、脚自体に力があるような歩き方や走り方をするなと。。

「愛される悪役登場」コパノリチャード(アーリントンカップ1着)

Img_4824

アーリントンカップは本命のコパノリチャードが圧勝、騎手はビュイックで抜け出してからのアクションは、ゴール後の他の騎手がやるおきまりのガッツポーズより格好良くて爽快だったと。

Img_4814

それにしても引っかかる馬を前に馬をおかずに、遅いペースの中折り合わせてしまう技術も素晴らしいし、独特の肘の位置というか誰よりも低い位置で追いまくるフォームは見ていて素晴らしいし、これは騎手が変わったら明らかに戦力ダウンでカオスモスの方がマイルでは上に来るだろうと思っていたら、皐月賞に挑戦だとか。。

Img_4818

ヒョッとしたらコレの方が面白いかもと。中山2000は前に行くのも有利だし、中山は父の一族が得意なコースだし、今年のメンバー構成からもマークされにくいだろうし。王道を歩いてきた馬達を馬名よろしく悪役となってバッサりやるかも。。なにしろまだ完成途上であることだけは確か。。それが最大の武器だろうと。

「これが武豊これが京都記念」トーセンラー(京都記念1着)

Img_4189

57㌔が応えるタイプが多いディープ産駒、それなら56㌔、55㌔での出走のディープ2頭の勝負になるだろうけれど、控えすぎるタイプの騎手よりも少しでも前に行きたい特徴も加味すればトーセンラーかなと思って、案外印が少ないけれど、好条件に武豊騎乗ならと。

Img_4193

パドックでは状態の良さもあるし、少し幅というか大きさが増して男馬らしくなったトーセンラーが、ハーツクライ産駒2頭を押さえていた感じも。

Img_4194

返し馬もスムーズだし、直進力もあって、ディープに良く似ているんだろうけれど、彼自身の個性というか、サンデー系には無い馬力的なものもあると思ったけれど。

Img_4011

レースは強い馬に良い騎手がのって、正面からぶつかり合う古馬の中距離戦ならではのもので凄く迫力があったし、久しぶりに歓声がスタンドに響いている感じが嬉しかった。

Img_4022

それにしても、スタンド前での返し馬、スタンド前発走、そして激しい競り合いと京都記念は淀の競馬というか醍醐味を存分に見せてくれたと。

「色鮮やかなレース」ヴァンセンヌ(2月2日)

Img_3124

華奢で頼りない感じとの記憶があるヴァンセンヌ。ごつくて筋肉質な感じに見えてのパドックでどうなのかなと。レースは鮮やかな復活劇で。先も楽しみかなと。

Img_3149

レースは綺麗なレースで大接戦なので、ゴールに向かって大迫力で。こんなレースが一般戦であるのかとういうもので。騎手も武、福永騎手の争いでどちらかと言えば、馬が自然に伸びている感じの騎乗で、大きなレース以外は以外と陳腐に見えてシラけてしまう無理からに馬を伸ばしている感じでなくて。それも良かったなと。

「赤いけど白星発進」レッドフォーチュン(2月2日3才未勝利)

Img_3034

この写真をみてレースを思い出してみると面白いというか。まず本命だったウインドストリームはタキオン産駒の牝馬で気性がレースに影響するタイプで、タキオン産駒がもう一つ爆発しなかった理由である激しい気性が全てレースに向かないタイプの割合が多いことがそれであるけれどそれを代表するタイプ。それを苦労しながらでも乗っていけるのはサンデー系が多いからの慣れはあるだろうけれど、難しいんだろうなと。

Img_2961

それを僅かに差しきったレッドフォーチュン、初戦で負けた相手がトーセンソレイユで、同じ比にエルフィンSを勝ったんだからこの馬も相当の実力があったと。それにしても2月2日、この6Rから10Rまでで3勝したビュイック騎手の騎乗が鮮やかにみえるのは当たり前だけれど、内からムチを叩きながら首を前傾姿勢を保ちながら手の内側で押さえて、外に逃げるのを押さえて真っ直ぐに走らせて無駄がない分最後で差しきれるレースをしている。ムチを叩きながらも、手綱を持っている手を時々握り替えながら、手綱の感触を最後の一伸びのために常にあたらしくしている。これは真似できるんじゃないのかと。

Img_3029

「ひょっとしたらの思いは続く」マイネルクロップ(2月2日)

Img_3093

ダートで圧倒的な勝ち方。タイムも早くて、レースセンスもあって、芝でも大丈夫となれば、ヒョッとしたらと悲願達成は、この馬かと思うけれど。

前走負けたリヤンドファミユが故障で、彼自身は1勝馬のままで、あんな強いレースをしたのに遠回りをしたなと思ったけれど、中1週で出てきて2勝目でなんとか踏みとどまったかなと。

Img_3092

それにしても写真をみるとこれもビュイック騎手、後ろの岩田騎手と追っているときの腰などの位置は同じなのに、自分から見ると随分自然に見えるけれど。

それから、追いながらも小さく手綱を持ち替えて、昔見たカーソン騎手のビデオ風に言えば、フレッシュなポイントを作ってそれで馬を更に伸ばしているのが素晴らしいと。ホント競り合いの中でもこれをやって少しだけ勝ってるレースもあり。。良いものを見せて貰っているなと。

Img_3103

「今年の恵方はWBの方角」トーセンソレイユ(エルフィンS)

Img_3288

半信半疑だったトーセンソレイユ、最後の末脚は強烈。それにしてもビュイックは凄い。滞在が長くなって1度乗った馬での騎乗はちょっとレベルが違いすぎる印象。

Img_3297

今後はジョッキーを誰にするのかが焦点になると思うけれど。この馬場で稍外を回って、ラチを頼らず差しきりで1分35秒4は標準以上。

Img_3335

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »