2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「まだ続く衝撃のために」オールアロング(82JCより)All Along | トップページ | 「まさか無意識でそんなことはしないよね」1月5日、テイエムダイパワー(福寿草特別)メイショウヤマホコ(新馬) »

「あの衝撃を幸せに語ろう」スノーフェアリーSnow Fairy(2010,2011)

Img_2292

(2011)

今写真を見返すと2010年の方が馬のデキは良かったと。牝馬相手とはいえ、2年続けての衝撃的な勝ち方は凄かった。

Img_2165

(2011)

なにしろジャパンカップに来る馬がことごとく負けている中で軽めの調教で首も動かさないような調教時のフォームで勝てるわけが無いと思っていた1年目。パドックで人が群がっている方に近寄ろうとする姿、やる気の無い返し馬のキャンターの姿から、スタンド前のスタートの輪乗りでダンダン気合いが入ってきてスタート前には闘志が伝わってくるくらいになっていて、そしてレースでは火の玉のよう。。。こんなにオンオフが出来る馬がいるんだと。こんな気持ちがもてるんだと。。

Img_2231

(2011)

2年目はデキが悪かったので1年目と比べると、だからギリギリになったのかもしれないけれど。。オンオフの仕方はもっとハッキリなっていた。。。

Img_2210

(2011)

屈腱炎から、1年以内に復帰したのも驚かされたし、炎症止めの薬物が残留していてレースを失格になったのも驚いたけれど、やがては日本にも彼女が復帰出来た方法としてはいってくるというかアダムスピークなんてまさにそれをやっているような気がするけれど。

Img_1041

(2010)

フランケルの活躍を見るためにレーシングポストの年報買ったら、その中に彼女も写真があって結構人気馬であることを知り。。

Img_1082

(2010)

それにしてもあの衝撃は忘れたらいかんと。もう一度出会いたいと思い、いつでも取り出せるようにしておいて強い馬が出てきたら比べて楽しまなアカンというかそれが競馬のたのしみでないかなと。

Img_1226

« 「まだ続く衝撃のために」オールアロング(82JCより)All Along | トップページ | 「まさか無意識でそんなことはしないよね」1月5日、テイエムダイパワー(福寿草特別)メイショウヤマホコ(新馬) »

ザグレートホース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「まだ続く衝撃のために」オールアロング(82JCより)All Along | トップページ | 「まさか無意識でそんなことはしないよね」1月5日、テイエムダイパワー(福寿草特別)メイショウヤマホコ(新馬) »