2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「まずはそこそこで」リヤンドファミユ(12月22日未勝利1着) | トップページ | 「あの衝撃を幸せに語ろう」スノーフェアリーSnow Fairy(2010,2011) »

「まだ続く衝撃のために」オールアロング(82JCより)All Along

App37941

83年の凱旋門勝ち馬で、欧州とアメリカの年度代表馬になったオールアロングを82年JCで見られたのは経験した最上級の衝撃の一つです。

App37833

82年ヴェルメイユ賞を勝ったものの、道悪の凱旋門賞をシンガリ負けしており、アメリカの英雄ジョンヘンリーや欧州の最強牝馬的なエイプリルランの来日であまり報道もされず、どんな馬かもわからないままパドックでみて、静かに歩く彼女の持つ独特の雰囲気に凄みと芸術品が持つその前に立つと心が雄弁になり言葉が湧いてくる感じをなぜか感じて。。

レースは、グイと抜けてくる感じが凄くて、押される感じがしたところを外から人気薄のハーフアイスドが一度っきりの輝きで差しきって、当時乗っていた脚立から本当に落ちそうになったほどの迫力で。。

App3798

今回写真を見てみるとはじめての日本の馬場で、これだけ重心を低く、そして強く地面を蹴って走れているのが凄いというか。ここまで出来る日本馬はいまだに。。。

« 「まずはそこそこで」リヤンドファミユ(12月22日未勝利1着) | トップページ | 「あの衝撃を幸せに語ろう」スノーフェアリーSnow Fairy(2010,2011) »

ザグレートホース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「まずはそこそこで」リヤンドファミユ(12月22日未勝利1着) | トップページ | 「あの衝撃を幸せに語ろう」スノーフェアリーSnow Fairy(2010,2011) »