2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「ヒンドスタンのかたち」BMSとして、モンテプリンス、モンテファスト | トップページ | 「まずはホップ!」フレールジャック(西宮S1着) »

「バステッドは30年も現在進行形」ベッドタイム(84JCより)

App2281

海外競馬に興味を持ったときに最強馬の一頭だったバスティノ。その父バステッドは、秋の3200の時代の天皇賞で史上最高レベルのメンバーを差しきったホクトボーイの母父であり、現在はディープインパクトの母方に名前が見える存在。長いこと長距離で強い馬にはこの名前があり、バステッドの代表産駒がバスティノ、その代表産駒の1頭がベッドタイム。

App2267

84JCは、シービー対ルドルフの対決が大きなテーマだったけれど、自分自身は、バスティノの憧れから、この馬を憧れをもって見た思い出があり。。

App2326

動きは、ゴツゴツした欧州馬独特の感じがあまりなく、スムースに、静かに、そんなに力感なく、ほかと同じくらい動けていたような感じであったと。

App2318 

写真をみると、どこかバステッドのかかった馬は共通項があるのかなと。

« 「ヒンドスタンのかたち」BMSとして、モンテプリンス、モンテファスト | トップページ | 「まずはホップ!」フレールジャック(西宮S1着) »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ヒンドスタンのかたち」BMSとして、モンテプリンス、モンテファスト | トップページ | 「まずはホップ!」フレールジャック(西宮S1着) »