2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「ありがとう、ごめんなさい、これからも、ここからも」(シンボリルドルフ、シャダイソフィアを飾って) | トップページ | 「夢の中の夢に生きたキングスポイント」(82年京都大賞典)KingsPoint »

「このスタイルは永遠に」マイライフスタイル(95年4月)

App5016

京都で桜花賞が行われた95年、忘れな草賞に出走した写真です。サンデーの全妹と言うことで見たのですが、毛色、流星の感じとかが全く違うなと感じました。もうそれくらいしか憶えていないのがホントですが。

それにしてもオルフェーブルに毛色とか流星の感じとか、首の曲げ方とか似ていて。ヒョッとしてサンデーの裏遺伝子(劣勢)的なモノはこういう感じのモノで、それが伝わってオルフェにも出ているのではと。それだと2000付近では無敵で。距離が伸びすぎて持久性を問われるような長距離ではサンデーのようにガクッと来る場合があると。

« 「ありがとう、ごめんなさい、これからも、ここからも」(シンボリルドルフ、シャダイソフィアを飾って) | トップページ | 「夢の中の夢に生きたキングスポイント」(82年京都大賞典)KingsPoint »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「このスタイルは永遠に」マイライフスタイル(95年4月):

« 「ありがとう、ごめんなさい、これからも、ここからも」(シンボリルドルフ、シャダイソフィアを飾って) | トップページ | 「夢の中の夢に生きたキングスポイント」(82年京都大賞典)KingsPoint »