2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「剛があれば柔もより高し(2012年4月牧場見学その5)」ハービンジャー、ワークフォース | トップページ | 「ディープダンディーズセヴン」2012ダービー »

「それぞれに勝負の春(2012年4月牧場見学その6)」ドリームジャーニー、ゼンノロブロイ、マンハッタンカフェ、ジャングルポケット、ネオユニヴァース

Img_1305

スタリオン見学の残りで見学の記事は終わりです。

弟が入ってくるまでに今集まってる繁殖である程度以上の結果をださないとと誰が言わなくても迫られている立場のドリームジャーニー。いきなり正念場。。元気そうであり、それなりに彼自身の形も持っているなと。

Img_1283

1年目の産駒がブレイクしまくって、今年その結果で揃った繁殖の産駒が1歳のゼンノロブロイ。いやがおうにも種牡馬の価値が1から2年後に決まってしまうかも。。。厳しい。。

Img_1274 

社台系はあまり付けていなかったのだけれど期待以上の成績から社台系の産駒も今年くらいから多くなるマンハッタンカフェ。次なる大物がクラシックを取れるかが鍵でしょうか。

Img_1271

また人気が盛り返してきているジャングルポケット、小回り2000なら、気に留めたくなる存在だけれど、時代とともに母方の血統背景が変わってどうなってくるかですな。

Img_1323

走る馬の傾向が決まってきて、同じようなタイプの繁殖が集まってくる傾向が少し強めのネオユニヴァース。他の可能性例えばマイル以下で思い切り強いとか、ステイヤータイプの長距離で真価が発揮できるとか新たな可能性の産駒が出てこないと苦しくなるかも。。。

« 「剛があれば柔もより高し(2012年4月牧場見学その5)」ハービンジャー、ワークフォース | トップページ | 「ディープダンディーズセヴン」2012ダービー »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「剛があれば柔もより高し(2012年4月牧場見学その5)」ハービンジャー、ワークフォース | トップページ | 「ディープダンディーズセヴン」2012ダービー »