2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「これぞギャンブル(2012年4月牧場見学その3)メイショウサムソン初年度産駒」レッドクラーケン、アケルナル | トップページ | 「剛があれば柔もより高し(2012年4月牧場見学その5)」ハービンジャー、ワークフォース »

「グローリーアンドグレイトオナー(2012年4月牧場見学その4)」ディープインパクト

Img_1177

フランス1000ギニーを産駒が勝利し、フランスオークスの結果次第ではよりその確信がヨーロッパで大きくなって、セレクトセールにまず影響がでて、その後の活躍次第では、例えば彼の産駒とか他のサンデー産駒の種牡馬価値とか上がり、それが二次的三次的経済的な効果をおこすだろうから、いろいろな方面に影響というか久しぶりの高揚感のある流れが出来そうな感じ。上手く行って欲しいモノです。

Img_1197

(なにかと話題の背中です。)

見学場に行った日にも多くの見学者がおり観光資源としての価値も衰えておらず、まさに驚異的なな存在として彼の種牡馬生活があると。

前年感じた疲れのようなものも今年は感じられずこの辺で大物がでてくるかもしれないと。ほんとにそうなると必然的に海外から日本の競馬場にも人が来て、それ主体でブームがおこることになるかもしれないと。その時に魅力的な競馬場、行ってみたら場所取りばかりで十分にギャンブルじゃなく競馬が楽しめないなどの障壁を取り除くこと、トイレをはじめ快適な住環境、それから技術だけでなく感性に優れた騎手など揃えるだけのものは揃えておかないとダメだろうと。

Img_1218

« 「これぞギャンブル(2012年4月牧場見学その3)メイショウサムソン初年度産駒」レッドクラーケン、アケルナル | トップページ | 「剛があれば柔もより高し(2012年4月牧場見学その5)」ハービンジャー、ワークフォース »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「これぞギャンブル(2012年4月牧場見学その3)メイショウサムソン初年度産駒」レッドクラーケン、アケルナル | トップページ | 「剛があれば柔もより高し(2012年4月牧場見学その5)」ハービンジャー、ワークフォース »