2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 「縁がないとはこのことで。」チューリップ賞(ハナズゴール1着) | トップページ | 「アンタッチャブルフィール」アダムスピーク(弥生賞より) »

「馬が嫌いなら馬の上から去れと彼は言っていた」アダムスピーク弥生賞は惨敗

Img_7304

内田騎手と聞いて、不安が大きかった。中山での印象がないから。理由は4コーナーまで、馬を押さえてしまうから、先行有利な中山では結果が出ない。その通りになった。 

パドックでは、アダムスピークの成長した姿にホッとしていた。特に後脚の内側の筋肉が素晴らしくなって、後脚の筋肉の容量、強さともに群を抜くモノになっていたから。こうなるとレースは、ディープ産駒の特徴の直線勝負から、少し手前からマクリ気味に上がって出来れば4角先頭近くで、そこから押し切る父ディープのレースに近いモノができるはず。過去2戦ゴールを過ぎてからもスピードが他の馬より落ちないように、早めにレースをしても大丈夫であることは、見ていればわかることだし。。。それが他のディープ産駒と彼の違いであることは、競馬が好きなものなら知っているはずだし、そういう可能性があるのが競馬を見ている方もしている方も楽しみだろうし。馬が嫌いな奴は別としてだけれど。

Img_7427

少しテンションが高いのも好都合で、それを利用して、スローなら3角から行きだしても良いし、内枠有利、先行有利が極端な今の中山なら、圧勝まであると思っていたのだけれど。

結局は、ディープ産駒は直線まで追わない方が良いからと言う机上の計算が優先され、写真を見てみると、スタート直後、すぐに押さえなければ、3番手までは行けただろうけれど、それを出来るかどうかなんて確認せずに自分勝手に押さえてしまい中位にしてしまい、ペースの遅いのを馬がわかって行こうとしているのに、それも押さえ込み、他の馬が仕掛け気味の時も同じように押さえてワザワザ馬ゴミの中に入れて、最後の直線では、自己満足でしかない他の馬より一呼吸遅らせての追い出しで、前に行った馬ゴミの不利を丸々かぶる馬鹿さはどうだろうと。。。これでよく外枠不利の今の中山で、その不利分だけの0.5秒差に来たと。

Img_7387

それにしても、勝ったのはコスモオオゾラで、予想番組でも本命の人もいたくらいだから、撮影していた200のハロン棒からウィナーズサークルへレース後歩いて行く途中、もっと、盛り上がってる人たちがいてもいいはずなのにそれが皆無、単勝は確か3倍を超えていたからそんな馬が負けた後の光景としては異常なくらい不気味だった。

それは、多分なんでここまで押さえ込んで、外枠不利、追い込み不利の今の中山で外側を追い込もうとしたのだろうと。レースがわかっていると言われ、そしてやや先行して勝ってきた馬を、これだけのワザとが偶然重なるわけもないような下手なレースをさせたのはなぜだろうと、ワザと不利な状況にしてまで騎乗した理由はなんなんだろうと言う答えがわからないとういか、黒い方にしか答えが見つからないから声がだせないのだろうと。

« 「縁がないとはこのことで。」チューリップ賞(ハナズゴール1着) | トップページ | 「アンタッチャブルフィール」アダムスピーク(弥生賞より) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/44367869

この記事へのトラックバック一覧です: 「馬が嫌いなら馬の上から去れと彼は言っていた」アダムスピーク弥生賞は惨敗:

« 「縁がないとはこのことで。」チューリップ賞(ハナズゴール1着) | トップページ | 「アンタッチャブルフィール」アダムスピーク(弥生賞より) »