2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

「シングスピールとカーリングの3月」(弥生賞)

App4478_2 

ジャパンカップのおかげで、外国馬が見られて、その馬の子供や孫が日本で走るところをまた見られる。つまり血統表と成績表でなく、競争時代の姿を思い浮かべながら母父や母馬を意識することができるのは素晴らしいことだと。

Ss20_2

弥生賞には母父シングスピールのアダムスピーク。シングスピールは、ジャパンカップ公開調教でみて、確かに疲れてはいるけれど、身体の輪郭線が強くて、崩れていない印象がして、これは凄いなと思っていたら1着。その後も成長してドバイで勝ったりした。母のシンハリーズも3歳秋にかけてずっと成長したけれど、これは血統的に受け継がれたモノだろうと。

Kr4

母カーリングのエキストラエンド、カーリングは固い馬だなとの印象で、とにかく追い切りでも一本調子で押しまくってきた印象だった。やはり、子供も柔らかいディープの子供でもキリッとした形というか、少し固苦しいタイプに移る感じがするけれど、毛色が独特なのは母からの遺伝でしょうな。

Kr5

「冬に逆戻りは嫌だな」ジェラルド(骨折で戦線離脱)

Img_7282

これからと言うときに、左後脚骨折で、幸いにも当日手術ができたので、それは良かった部類でしょうが。。。1勝しておいて良かったのが本音かなと。

3月4月で1勝して、間に合えばダービー、普通で菊花賞には出られるかなと思ってましたので。。56㌔のレースまで経験できたので、順調に回復できれば、秋にはどうにかはなると思うけれど。。その前に今の経過が順調でありますようにとしか。。。

Img_7279

もう1勝したら、牧場見学写真を出すつもりだったのが、こういう時期になってしまい、写真は11年5月のもの、その時は細い馬だなと思ったけれど、現在は部分がごつくなって、逞しく速そうな馬体になってるのが印象的だけれど。。

「強い相手にぶつけていってもこの馬ならそれなりの結果が出るでしょう。」との牧場見学当時に話を伺い、相当背筋が伸びた思い出があるので、秋にはそうなるよう、焦らず頑張ってもらえればと。

「微妙だから最善を」ケイティーズハートは2戦目未勝利を3着

Img_6717

稍重になって、少しでもタイムが速くなった場合どうかなと思っていたのですが、やはりスピード負けしました。

本来はダートというタイプではないので、牝馬限定で、タイムのかかる良で、みんながバテるところを、差してくると言うより踏ん張ることで落ちてきた馬を交わして勝ちまでいきたいタイプなので、今後も馬場状態、メンバーなど勝ち上がるには他力が必要かなと。

Img_6744

パドックでの歩きや、返し馬は格段に良くなったので、だいぶホッとはするものの、体重が変わらなかったので、やはり強い調教がもう一歩出来ずに絞れないのも響いたのかもしれないなと。ま、見てる方が暗くなっても仕方ないですが。

「粉雪より寒風より痛いのは忘れ去られていること」ピュアブリーゼ(洛陽S大差負け)

Img_6882 

「前に行って良い成績の馬だったから」「走り方を知らない」鞍上のどんな批判もこれだけのシンガリ負けでは反論は出来ないけれど、自分はレースが始まって鞍上がなぜか押してまで先行しようとしているのをみて、スタート数秒で大敗が予想できた。。。

彼女は誰も行きたくないオークスで逃げ、未勝利で誰も行かないから押さえたまま先頭に立ったことはあるけれど、ハイペースを押してまで先行しようとしたことは、9月の中山があるだけで、それは大敗しており、本来彼女のレースパターンにはないというか一番ダメなはず。そんなことは誰でも分かっているはずだけれど。

Img_6858

この馬はスピードはあるけれど、平均的なもので、ドイツのレースのように4ハロンくらい長い脚を使うのが特徴でメリハリをきかすようなレースではなく、ドンドン苦しさを上げていくようなレース、きつい方を選ぶレースをしなくては持ち味が生きないと思う。この場合なら、途中三角からジワジワ行きながら、早めに仕掛けて上がり36秒台くらいで粘るだけ粘るレースしかマイルでは出来ないと思うけれど。

もう一つは左回りの方が良いのではと言う点だろうけれど、むいていないレースをワザとしてしまったんでは、その点がわからないのが何とも痛い。

クウィリーさん,ホントハウマカッタノネ。。トーセンレーヴ(洛陽S1着)

Img_6940

雪が土曜に降って、少し日曜も重さが残り、馬も走るのに気をつけて走っているせいか、予想しているより少しづつタイムが遅くなり、そうなるとアイルランドの重くて起伏のある場所での競馬経験が生きてくるのかなと。今日だけで2勝でこの冬の通算も2勝、決して偶然ではないと。。。面白いモノですな。たしかスミヨン騎手だったかも最初は勝つのに苦労していたかなぁーっと思うのですが。

Img_6932

日本のような平坦で、スピード馬場では、真っ直ぐ走ることに苦労が少ないし、馬場の起伏で馬がふらつくなんてないから、彼のように上体も、脚も動かしていたのでは、少し日本の競馬では邪魔かなと。わかってはいるでしょうけれど。。

Img_6931

レーヴもこれで春はどうなるか分からないけれど、秋には中距離でなんかタイトル取りそうな強さになるのかなと。なにしろパドックでレーヴばかりを追いかけるカメラに向かってトウショウフリークの関係者がハナで笑っていたくらいトウショウフリークのデキは良かったのでそれを最後で差してしまうのですからこれは強いと。

「クラシックへの3月は鞍上という花一杯」

Img_5928

ワールドエースの鞍上は福永騎手にもどり、若葉Sからとか。もう一度小回りの2000を試してみて、皐月賞をどうするか決めたいのかなと。ディープ産駒はきさらぎ賞のように、外回りのパフォーマンスが明らかに上がるので、それが3月の時点で下がるのか、それともそれなりに出せるのか、ギリギリまで確かめたいでしょうな。

Img_4918

アダムスピークの鞍上はピンナ騎手に。初戦、2戦目ともに、最後のグイと伸びる迫力は、休んでいる間に負かした馬が勝つことにより、ダンダン評判が上がっている印象。イタリアの若手リーディングジョッキーを乗せるのは、果たして、日本で走るだけのためなのかと。ノーザンファームもあれだけの世界から名血牝馬を揃えておいて日本の競馬だけで競争させるつもりはないだろうと思うのが普通なので。。。

Img_5376

それにしてもこれにローゼン(小牧)とかジェラルド(川須)とかその辺までダービーで絡んでくると、これはここ20年くらいでは、馬も鞍上も一番面白いクラシックシーズンになるのではと。

「ビュッとまっすぐ」カレンブラックヒル(新馬より)

Img_5828

ダイワメジャーの産駒の特徴かもしれませんが、大きなストライドでと言うより、脚自体の力が強くて、回転が速くなって、ビュッと真っ直ぐ走ってくるなと言う感じがするのですが、この馬もそんなタイプです。内ラチのそばのモノがハッキリ見えるので、それだけ内側を走っているので、タイム的なものは割り引いて考えなければなりませんが、真っ直ぐ走れる特徴は大きな武器だと思います。

Img_5829

「ねぇレースにはいつ出てくるの?」苦難の小倉だインディーグラブ

Img_4393

しかし小倉2戦とも変なレースだった。1戦目は1月29日は、佐賀の名手山口騎手、さすが地方騎手という感じで、騎手自体が芝のスピードのレースについて行けず特にコーナーごとに怖くて騎乗フォームを乱しているのが見ていて分かるほどで、結局その間はなにも出来ず、スローペースを4つのコーナー全てで後手を踏むハメになり、いいところなし、騎手に文句は最低限にしたいけれど、少なくて騎手で勝ち馬から0.5秒以上損はしているレースだった。

それで2月5日に連闘で使ってきたのだけれど、なぜか1800戦。はじめから厩舎には、いられないので小倉遠征、勝てるかどうかなんて二の次の2回使い。連続で使ったらそれなりの痛い箇所が出てくるから、3ヶ月休養の補助金狙いとはじめから路線はできているから、スタートが悪い馬をスタートすぐカーブという絶対不利な条件につかってきても不思議はないけれど、なんでもう少し。。

Img_4435

レースは超アホらしいモノ。スタート出遅れて、その後もなんだか無策なのが不思議に感じていたらレースが終わってしまったと言う感じ。。

火曜日にパトロールフィルム見たら、外に出したいのを、外にいた藤岡がそうさせまいとして締めてきている、その馬はチークをしているので馬を前に置きたいから、少しでも内に行きたいと思ったからその行為が強くなったのだろうけれど、向こう正面が終わる頃にはスローペースの前残りのレースをそっちのけで、お互いが外に出よう押さえつけて内に入ろうで、張り合ってしまっている。レース後のコメントも相当酷いし、もういい加減にしてくれと言う感じ。。。それにしても小倉に来ても騎乗機会の少ない二本柳君は特別戦の人気馬なんだから、もっといろんなことを想定して出来なかったのが残念というか、事前に時間があったのになぜしなかったのかも理解できんし。。

数年前の後藤、吉田の馬そっちのけでのレースでの醜いつぶし合い、厩舎も暗黙にそれを認めていたような雰囲気は、結果的には全ての馬主の不信感を誘い、関東のレベルを下げたんではないのかと思うけれど、いくら若手騎手を育てようとしても、中堅クラスにいこうかとする騎手達がこの意識では、良い馬に若手騎手を乗せて育てようとは誰も思わないほうが当たり前かなと。もう少し馬に捧げる部分があっても良いと、当たり前がないのが怖い感じがする。

(写真は12月のもの)

「本日晴天離陸成功」ジェラルド

Img_3863

小倉の未勝利1700ダートを差しきりで突破し、春に向かってのチケットを手に入れました。

1回で未勝利を勝つこと、4つのコーナーのレースを憶えること位が今回の課題であったのでしょうが、パドックでの前脚の運びが初戦とは断然良くなり、コレならという状態で一安心。

Img_3908

前回コーナーを曲がるたびに集中力がなくなっていった走り方もコーナーの入り口で気合いを付けられることで解消して、最後は圧勝で。あとはタイムがもう一つだけれど、欲は張らなくて良いでしょう。

Img_3976

体重も減っておらず輸送は平気そうなので心強い限り。まずは次、その次は。。。楽しみ楽しみ。。川須騎手固定でお願いしたいところ。(写真は新馬戦)

「まずは歴史より記録を作ろう!」ヒストリカル

Img_5517

きさらぎ賞を2着、印象は良かった、まずは500万勝ちよりは上に行ったけれど、もう少し賞金を積み上げたいところ。それにしても32秒台の末脚には驚いた、これほどにディープ産駒が京都1800、前半ややスローの上がり勝負だと覚醒するとは。

Img_5581

冷静に見れば、ヒストリカルとベールドインパクトの差は新馬の時と変わっておらず、1着馬も内回りではこけていたし、この3頭がそれほどの存在ではないのかもしれないなぁとは思うけれど、母父はノーザンテーストであり、成長も末脚も距離も適応力もジワジワ上がってくるカメタイプのはず。好きなタイプ。。(写真は福寿草特別)

「会えて良かった」バンザイ(目下2戦2勝)

Img_5379

なんとなく、成績表見ていたら、1月22日にもう2勝目をあげており、ちょっとビックリしたというか。新馬の時も、良くある逃げ切りにしては、差があったなと感じていて、意外と幸運だけでは無いぞと思っていたのだけれど。。。

Img_5380

中1週で、しかも中山遠征で、不良を逃げ切りですか。。。しかも新馬で負かした相手がローゼンケーニッヒであり。。。血統はバリバリのアメリカ血統ですな。見ておいて良かった良かったと。。

「なぜか気分JOHJOH!」ケイティーズハート(2月5日新馬2着)

Img_6305

返し馬に行く際、走り始めても速くならず、バネが壊れてるんじゃないか状態に見えて、とてもガッカリしたのだけれど、新聞を見ると坂路54秒台で動けているので、極端にジワジワ加速していくタイプかなと思って、その場のムカムカする感じを押さえながら、レースを見ていると、やっぱり追いどおしのレースになり、3コーナー手前でやっと加速がつきだして、4コーナーでは信じられないくらい外を廻して、牝馬限定だからのレベルの低さはあるけれど接戦の2着とまずまず恥ずかしくないレースになり、ほっとするやら、勝って欲しかったやらで。。

Img_6233 

足下が固まっていないそうで、ダートで結果を残せたので、ダートで勝ち上がるまでは使われる感じの掲載がHPにあり、朝早いレースにまた出かけなければと。。寒いけどなぁ。。

ちょうど出資した頃はハーツクライ産駒が走り出していて、話題の父に、昔から知っている血統出身の彼女が募集中だったので、出資したけれど、華々しさはないけれど、こういうのが走ってくれると別の意味での喜びがあるのが競馬の一面かなと。

Img_6323

それにしてもパドックでは大人しいというか、そんなに入れ込まないというか、嬉しがっているように見えるのが、面白いというか、楽しみというか。

「直球勝負」ワールドエース(きさらぎ賞1着)

Img_6674

4つのコーナーを回るより、こういう2つのコーナーでこれくらいの距離で思いっきり走るのが彼の持ち味であり、ディープ産駒の特徴なんでしょう。鮮やか過ぎるくらいに決まって、なんだかスーッと軽くなるレースの後味でした。

Img_6658

タイムも上がりも凄いので、馬は強いことは間違いがないところ、ただ3着まではディープ産駒、適性が底を上げている部分あり、果たして、中山や府中でのパフォーマンスをどれくらいに想像したらよいか分からないけれど、ワールドエース自体の毛艶は、前回雨の中で見たことを差し引いても確実に良くなってきており、体調面では問題が少なくなってきているのかなと。。。そろそろ競馬は一足先に冬が終わりですな。

「落選したので飾ります」麗しのスウィングダンス

Img_5089

名古屋競馬フォトコンテストに落選したので飾りますというか飾れます。1月7日名古屋記念の1周目、馬群が巻き上げた砂が冬の北西風で巻き上がり、そこに逆光が差し込んで、被写体を右側にしたので、強めに光りが入って、幻想的な写真が撮れました。

馬はスウィングダンス。接戦を勝って9連勝、エスポワールシチーでも出来なかった、名古屋競馬に歓声を沸かせたヒロインです。

良いと思ったのですが、残念でした。まこんなもんです。馬が良くて、写真も良くてが馬の写真の基本ですから。話題一番のこの馬で落ちたんですから仕方がないですが、彼女には頑張って欲しいです。ブエナビスタばりの黄色いメンコで、目が少しタレ目気味に開いているのがゆるキャラチックでかわいいなと。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »