2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「マイワンダフルインパクト(第2章の2)」アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S) | トップページ | 「輝いているだから影もある」 グランデッツァ(ラジオNIKKEI杯2歳Sより) »

「御神籤は吉と中吉の芦毛2頭」ゴールドシップ、トリップ(ラジオNIKKEI杯2歳Sより)

Img_4791

2着のゴールドシップは、勝ち馬がいなければのこちらが大注目されただろう存在。血統は、有馬を勝ったオルフェと同じステイゴールドに母父メジロマックイーン、それだけで勢いを感じるし。。

Img_4777

馬体は、首差しはオルフェと同様の感じがするけれど、そこから後はマックイーンの方がよりでているかなといった印象で、小回りの2000以上が得意だろうし、これからこの血統らしく成長するだろうことは、札幌2歳で内から差して負けたグランデッツアを今度は外を回って差していることからもわかる。凄く楽しみ。

芦毛ということもあるけれどマックイーンファンであった私にとって心ときめく1頭でもあるけれど、多分3歳春は、そんなに上手いことは勝てないかもしれないと。そこで焦らなければ全てが好転すると。。でもちょっとメンコがダサいかなぁ。。。

Img_4752

4着のトリップは、前回京都内回り得意のジャングルポケット産駒に迫られた勝利だったので、2000では、少し苦しいかなと思ったけれど、外を回って、スローペースで上がりの競馬で、先にいった有力馬に内を回られ、仕掛けどころを見極められて、標的にされたレースで僅差の負けだから、この血統の字面以上に距離は辛抱できると。

Img_4663

ホントなら東京の軽い馬場が得意かもしれないけれど、所属厩舎もそんなに無理はクラシックまではしないだろうし、馬主さんもみんなで楽しみながら持ち馬を走らせ、競馬自体を楽しみたいタイプだから必要以上には遠征はないだろうから、関西にいて勝ったり負けたりはするだろうけれど、条件さえ整えば凄く強い競馬をする馬だと。

« 「マイワンダフルインパクト(第2章の2)」アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S) | トップページ | 「輝いているだから影もある」 グランデッツァ(ラジオNIKKEI杯2歳Sより) »

トピックス2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「マイワンダフルインパクト(第2章の2)」アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S) | トップページ | 「輝いているだから影もある」 グランデッツァ(ラジオNIKKEI杯2歳Sより) »