2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「負けたけど、それもありの4着」フレールジャック(鳴尾記念) | トップページ | 「アポロだって月に降りるのに11回もかかったんだから。」ジェラルド(12月4日新馬) »

「マイワンダフルインパクト」アダムスピーク(12月4日新馬)

Img_4029

実はこの新馬に2頭出しになってしまい、アダムスピークの口取りにはずれて、勝たれてしまって、本来ならもう少しガッカリするところだったけれど、あまりの鮮やかさに、全てのモヤモヤが吹き飛んでしまったレースとなり。。。ジンワリ嬉しい余韻を一日中楽しめて。

パドックではやや太いという印象。新馬に出すにしても仕上がりは途上であり、果たしてどうだろうという不安はあるものの、細手の馬だと思っていたのに、後ろ脚の筋肉の大きさ、それから来る全体のスケールの大きさに、ちょっとこれは凄い馬だぞと。

Img_4030

動かしてみて容量の大きさを見せる外国馬をここ3週ほど見てきて、そして彼をみるとそれと同じような共通点があるのが、贔屓目だけれど素晴らしいと。

それから気性。G1の日にメンコを付けなくてもよい気性。真っ直ぐ走る返し馬、無駄のな輪乗りでの周回、これも素晴らしい。

Img_3999

レースは完勝、ディープの産駒苦手の内回りのコースでこの勝利は、凄い。

母父はシングスピール、彼はジャパンカップの公開調教でジックリみて、どんなに疲労があっても、強い体の輪郭線が崩れない姿は、いまだに憶えている。そしてよく似ていると。それならば。。

Img_3871

« 「負けたけど、それもありの4着」フレールジャック(鳴尾記念) | トップページ | 「アポロだって月に降りるのに11回もかかったんだから。」ジェラルド(12月4日新馬) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/43256353

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイワンダフルインパクト」アダムスピーク(12月4日新馬):

« 「負けたけど、それもありの4着」フレールジャック(鳴尾記念) | トップページ | 「アポロだって月に降りるのに11回もかかったんだから。」ジェラルド(12月4日新馬) »