2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

「本流は支流には流れず」ダンシングレイン(2011英オークス馬、女王杯より)

Img_2174

体調不良、成績的にみてもスローなレースを逃げて勝っただけで、少しレベルが低いかなと思っていたのだけれど、このキャンターには、息を飲んだ感あり。

勢いはないのでそれが体調不良とか調教不足とかが現れているのかもしれないけれど、フォームの見事さは出走馬の中でも秀逸だった。

Img_2173

少し首が高いのは、ユーザーフレンドリーとかもそうだったので、起伏のあるエプソムを走ろうとすると、その方が有利なのかもしれないなとも思うけれど、それにしてもこちらが本流なわけで首が高いとかどうとかは固い馬場で競馬をみつづけているものの意見でしかない、日本では大きなことでも本流では参考程度以下の事実かもしれない。

Img_2169

それが鞍上の京都不慣れもあってかの外をブン回してばかりが重なっての大敗になってしまい、勝負とあまりにも離れてしまって、細部のこだわりでなく、本流の何かが感じられなかったのは、見に来ている人も含め全ての人に不幸なことだと。

Img_2073

とにかくファンだろうが関係者だろうが、こういう走り、こういうカッコ、持っているものを感じられる場所を多くつくってほしいと思うけれど。

いろんな見方が増えればそれだけ長く競馬を続けられるはずだから。

「輝いているだから影もある」 グランデッツァ(ラジオNIKKEI杯2歳Sより)

Img_4806

コメントを聞いて、昔を思い出しました。タキオンがこのレースを勝った時の不動の本命だったクロフネの松永騎手が「外へ外へと行こうとしたのが敗因、決して力で負けてはいない。」と言っていたのを記憶しているのです。それと同様のコメントが秋山騎手から聞かれました。

やはり数段上がった強い相手のために馬がやや逃げ腰だったのかもしれません。彼が一番、このレースの上位のメンバーでは距離が持たないかなと思えた結果が出てしまいました。

姉のマルセリーナよりは、ボールドルーラー×ノーザンダンサーがあるので、限界がきても結構ジワジワとしかバテない感じはあるだろうから、距離の限界がここからってハッキリすることは無いだろうとは思うけれど。。。

Img_4764

逆にマイルから10ハロンくらいまでは、ディープスカイくらいのパフォーマンスは、楽に出せる馬なのかもしれないと。。パドックの前脚のグイグイと前に伸びて、ドンドン推進力が湧いて出てくるような運び具合は、一級のタキオン産駒そのもの。適距離なら可能性は無限大じゃないのかと。。。

でも、オルフェーブルもそうだけれど、こういう馬体も血統的にも見栄えのする馬は、出来るだけセレクトセールに出て欲しいなと。たしかに海外に持っていかれて、その分日本の競馬自体がつまらなくなるのかもしれないけれど。

Img_4889_2

セリにも出さずにクラブ所有の1歳時募集で、しかも馬主にはなれないから、クラブに競馬が好きだから入ってるってものにはどうしたって、まわってこない存在で。。実績がないから。。結局、オーナークラブで馬主の権利を存続させておいて、あとはクラブの血統馬を買うって人か、その同等レベルの人しか持てなくなっている。。。

それならセレクトセールで高く売って、いまは円高の差益もあるから、その収益が最大限生かせるから、その分で質の高い種牡馬が買えるはずで。。。

そうした方が全体のレベルが上がって良いのじゃないかと。結局ひがみでしかありませんが。

「御神籤は吉と中吉の芦毛2頭」ゴールドシップ、トリップ(ラジオNIKKEI杯2歳Sより)

Img_4791

2着のゴールドシップは、勝ち馬がいなければのこちらが大注目されただろう存在。血統は、有馬を勝ったオルフェと同じステイゴールドに母父メジロマックイーン、それだけで勢いを感じるし。。

Img_4777

馬体は、首差しはオルフェと同様の感じがするけれど、そこから後はマックイーンの方がよりでているかなといった印象で、小回りの2000以上が得意だろうし、これからこの血統らしく成長するだろうことは、札幌2歳で内から差して負けたグランデッツアを今度は外を回って差していることからもわかる。凄く楽しみ。

芦毛ということもあるけれどマックイーンファンであった私にとって心ときめく1頭でもあるけれど、多分3歳春は、そんなに上手いことは勝てないかもしれないと。そこで焦らなければ全てが好転すると。。でもちょっとメンコがダサいかなぁ。。。

Img_4752

4着のトリップは、前回京都内回り得意のジャングルポケット産駒に迫られた勝利だったので、2000では、少し苦しいかなと思ったけれど、外を回って、スローペースで上がりの競馬で、先にいった有力馬に内を回られ、仕掛けどころを見極められて、標的にされたレースで僅差の負けだから、この血統の字面以上に距離は辛抱できると。

Img_4663

ホントなら東京の軽い馬場が得意かもしれないけれど、所属厩舎もそんなに無理はクラシックまではしないだろうし、馬主さんもみんなで楽しみながら持ち馬を走らせ、競馬自体を楽しみたいタイプだから必要以上には遠征はないだろうから、関西にいて勝ったり負けたりはするだろうけれど、条件さえ整えば凄く強い競馬をする馬だと。

「マイワンダフルインパクト(第2章の2)」アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S)

Img_4948

このレースは私にとっては、思い入れのあるレース。土日もなく忙しかった頃は、何とか都合を付けてこのレースにやってきて未来の名馬たちに触れて、その感覚を日々大事にしながら、テレビで競馬を見る日々でした。いまでもギャンブルでなく、馬自体が好きなのはこのレースのおかげ、このレースがあればこそ出会えた名馬達のおかげです。

Img_4961

そのレースを400分の1とはいえ、持ち馬が勝ってしまう、しかも大いに未来の予感をその勝利に一杯込めて。。。感無量とはこのこと。。。しばらくショックに近い感動が続いています。。。

Img_4798

勝ち馬だけでなく、ホント質の高い馬達が集まった今回。レースの写真はあと100のところでカメラを構えたためにほとんどダメだったけれど、他は良い写真がとれたので暫くは未来の名馬たちを掲載しようと思います。後は来日海外馬がまだの筈なので。。

「マイワンダフルインパクト(第2章)」アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S1着)

Img_4943

久しぶりにパドックでワクワクしました。成績的字面で素晴らしいメンバー構成の時はあるこのレースだけれど、過去の成績が素晴らしいだけで、もうこのレースの時点でそれが終わってしまって下降している場合が結構見かけられるのです。

今回はそれがありませんでした。阪神JFの全く衝動がおこらないモノとは大きく違い、どの馬をみても質が高い、もう時間が経つのが勿体ないくらいでした。

Img_4958

そのためかパドックの周回は、どの馬も体力があるせいか、2才戦にしては早い周回になったのですが、その中を彼は一番楽に、少し余裕を持ちながら歩いていたのです。

これはヒョッとして。。。

スタートして、3番手までで折り合いたいと思っていたのですがその通りになり、4コーナーで有力が全てやってくる流れでつつまれて、やはり力がないかなと、追って何処までついていけるかと思ったところ、グイと身体が沈みこんで、次の瞬間抜けきっていました。

Img_4799

2戦2勝。。。それ以上に内容が凄すぎると。何しろ内回りのコースで直線だけで、居並ぶ有力馬に完勝してしまったのですから。

騎手はどうなる。来年はどうする。とにかく無事で。。。それを忘れて暫くこの素晴らしい瞬間に酔っていたい気分です。

「今年は誰にメリークリスマス」ヴィクトワールピサ(2011)

Img_3507

ジャパンカップでようやくドバイ以来出走できて、パドックでの騎乗合図後、走らせることの出来る人の喜びが、彼にも伝わって、なんとなく彼も高揚していたような感じがカメラを覗いていると勘違いだろうけれど感じました。

去年の12月「遠く離れた家族にメリークリスマス。」今年3月に「遠く離れた日本の皆さんにみんな心配してるって。。。」、そしてまた12月。。。

「暖かい白一色の世界」マシュマロ(新馬より)

Img_1876

目のふちのところにやや黒味があるくらいで、後は見事な白色、どんなに遠くても、わかります。

Img_1836

レースでもターフビジョンを見て沸いているというよりも、3コーナー手前からどんどん先頭に近づいていくのを、直に見てそれでスタンドが沸いていました。やはり競馬場は、画面でなく生でみてなんぼのものだけに、この沸き方は自然で、新鮮でした。

Img_1807

新馬線は大変大きな歓声になりましたが、生のものを得られるものと、画面のものとでは、同じスタンドから見ていても、レースへの気持ちの入り方が違うのから自然と大きな歓声になったと改めて思い出してみて感じています。

「こちら冬からのマドンナ」ジェンティルドンナ(新馬より)Gentildonna

Img_2354

大雨の日の京都の新馬に出てきて負けてしまい、運がないなと思ったのですが、良になった阪神で、楽なメンバーで、マイルだからディープ産駒にピッタリで、血統馬がアッサリ勝てるのは当たり前のことだけれど、ブック週報を見ているとその条件以上に強かったみたいですね。

Img_2358

私には姉と比べると全く違うような気がするというか。姉の方は、レースに悪い方に響くだろうなと思わせる入れ込みだったけれど、こちらも入れ込むけれどそれはないような気がするのですが。。しかし写真は今見ても大雨。。。

彼女が冬の淀でどう変身できるか。これは大きなポイントかも。

「釈然としない完全無欠」ジョワドヴィーヴル(2011阪神JF)

Img_4109

前半スローペースで、阪神外回りで、1600、上がりの勝負。ならばディープ産駒で、母方欧州血統の一番持ち味が生きるというか、能力を誇張して出せる展開で、案の定。。

見事だったし、馬も良い馬だし、将来性もあるし。。でも。。

Img_4250

確かに強いけれど、ほんとに他にもっといないのかなぁと。たしかに自分も、クラブに入りながら、申し込んでも、出資実績の関係ではねられ、人気集中馬のための出資実績以外での抽選枠とは名ばかりの後から入ってきた金持ち優遇枠に入れるわけないので、POGに指名して、それで少しはメリットがあるものの。。。

Img_4256

ほかにもっと出てこいと。。レースも前半のスローペースから、上がりを最後流したからかもしれないけれど、上げきれなかった印象があり、なんだかレベルの高い未勝利よりはレベルが低かった印象もあり。。。この時点ではしかたのないものの。。

「頑張れと言えないけれど」ヴィルシーナ

Img_1930

抽選漏れは残念。前回考えてみれば、結構なレベルの中で検討していて、JFは外回りだしと期待していたのに。。

Img_1982

近親のフレールジャックに本当によく似ている彼女、適性も同じでしょうからマイルから200までがベストで、2才の今なら1600外回りがピッタリの筈のような。。。2000のエリカ賞でまた骨っぽいメンバー。。。苦しそう。。。

Img_1949

「マイワンダフルインパクト(vol.2)」アダムスピーク(12月4日新馬)

Img_4033

自分の前を過ぎてゴールへ飛び込んでいく彼のスピードは、贔屓目に見ているからでしょうが、身体を押すような勢いをこちらに感じさせてくれました。

ひょっとしたら何か持ってるかなと勘違いでも思わせてくれる瞬間を味わえるのははとても嬉しいことで。。。

Img_4032

結局はゴール後の2ハロンを23秒くらいで走ってしまったので、力をゴールでキッチリ出し切ったのでなく、一番バランス良く加速できていたのがゴール前であって、それを味わえたからそう感じただけでしょうけれど。

Img_4040

HPの動画で、もう入厩だって言われていた8月始めくらいまでは、動きは文句がないけれど、気性が無茶苦茶カッカしていて、母父のシングスピールの産駒のローエングリンみたいに、力が抜けないタイプになってしまうのかなと感じていたのですが、8月末に軽めの頓挫があり、トレッドミルなどのトレーニングが入り、一度ペースダウンしたことで、動画上ではあるけれど、気性が落ち着いてきて、それ以後は何もかもが良い方向に向かってしまった感じでデビューできました。

Img_4041

ディープ産駒の得意でない内回りでの快勝。2戦目も内回りだとか。これを勝ちきってしまうと、前途は洋々なのですが。。。ルメールさん、もう一回だけお願いします。。

Img_4003

(それにしても、この新馬戦相当のレベルだったと、タイムが遅いから、そうは感じないけれど、血統的に向いている距離、コースに出てきたら最下位だって相当やれるはず。。。)

「マイワンダフルインパクト」アダムスピーク(12月4日新馬)

Img_4029

実はこの新馬に2頭出しになってしまい、アダムスピークの口取りにはずれて、勝たれてしまって、本来ならもう少しガッカリするところだったけれど、あまりの鮮やかさに、全てのモヤモヤが吹き飛んでしまったレースとなり。。。ジンワリ嬉しい余韻を一日中楽しめて。

パドックではやや太いという印象。新馬に出すにしても仕上がりは途上であり、果たしてどうだろうという不安はあるものの、細手の馬だと思っていたのに、後ろ脚の筋肉の大きさ、それから来る全体のスケールの大きさに、ちょっとこれは凄い馬だぞと。

Img_4030

動かしてみて容量の大きさを見せる外国馬をここ3週ほど見てきて、そして彼をみるとそれと同じような共通点があるのが、贔屓目だけれど素晴らしいと。

それから気性。G1の日にメンコを付けなくてもよい気性。真っ直ぐ走る返し馬、無駄のな輪乗りでの周回、これも素晴らしい。

Img_3999

レースは完勝、ディープの産駒苦手の内回りのコースでこの勝利は、凄い。

母父はシングスピール、彼はジャパンカップの公開調教でジックリみて、どんなに疲労があっても、強い体の輪郭線が崩れない姿は、いまだに憶えている。そしてよく似ていると。それならば。。

Img_3871

「負けたけど、それもありの4着」フレールジャック(鳴尾記念)

Img_3779_2 

少し道中折り合わずに4着、まぁ仕方がないなと、強い連中に置いて行かれそうになって、そこから盛り返して、マズマズかなぁー。。。今日直線まで、追わなかったのが利いてくるのは、2年後くらいで、そこまでは負けたり負けたり勝ったりでしょうナァー、上手く勝てた時に競馬場にいれる幸運を願って。。。明るくフレールジャックには前進して貰いましょう。

「夢の中の名古屋の怪物」スウィングダンス

Img_3735

レッドデセーオを応援に出かけた名古屋競馬、断トツ人気のスウィングダンスに目を奪われました。そして、2秒以上の圧勝。これで名古屋では16戦14勝。クロフネにBMSサンデーでバランスのとれた馬体はマダマダ可能性がありそうです。

Img_3733

ここからどうなりますか、牝馬だから来年のグランダム狙いから交流へとステップアップしていくのでしょうか。これから正月も含め出かける機会の多くなる競馬場でちょっと良いもの見つけたような気分になりました。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »