2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「大いなる実験は続く」フレールジャック(菊花賞) | トップページ | 「彼はプロのアスリート」オルフェーヴルOrfevre(菊花賞より) »

「2番目の秋は何処を目指す?」レッドエクスプレス(10月23日新馬)

Img_0415

2才戦、外回りの1800をまたディープ産駒が上位を占める時期がやってきたのでしょうか?そしてクラシック戦線までには跡形もなくなってしまう。

Img_0351

さて今年はどうなるか。レベルが高いと言われる菊花賞当日の新馬戦、考えてみれば社台の有力馬が牧場の偉いさんが来場しやすいG1日に、特に同世代のクラシックレースでは圧倒的に社台関係の比率が上がるので、その日に生産馬が出てくる当然と言えば当然で。

« 「大いなる実験は続く」フレールジャック(菊花賞) | トップページ | 「彼はプロのアスリート」オルフェーヴルOrfevre(菊花賞より) »

トピックス2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「大いなる実験は続く」フレールジャック(菊花賞) | トップページ | 「彼はプロのアスリート」オルフェーヴルOrfevre(菊花賞より) »