2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2011秋華賞コレクション(返し馬より) | トップページ | 「深山に菊三輪のあざやかさ」オルフェーヴルOrfevre(菊花賞で2011三冠馬達成) »

自己満足的敗因分析ピュアブリーゼ(秋華賞)

Img_0066

どうしちゃったんだろう。。。っていうのが最初の感想。仕方がない。。が次かな。。よく考えてみると。やっぱり一番は馬場の悪いところを通ったかなと。

内2頭分くらいを通った逃げ馬も勝ち馬も凄いタイムをラップとか勝ち時計で出しているし、前の日の2才重賞でも内の馬が勝っているし、見た目でも内側3頭分くらいとその外側では、ハッキリ有利不利がわかるし、そこを通らないと、発表通りの道悪の結果になると。。

Img_0114

もう一つは気性。スタートはそっと出てそれでもある程度いけたのに、逃げ馬が外からよぎるだけで、もう行き脚が鈍ってしまった。逃げるどうこうではないのかもしれないけれど、それで終わった感じもする。。輸送とか、右回りとか、マスクをもうしなくてもよいのではとかいろいろあるけれど、次回は善臣騎手なら女王杯を逃げて貰って結果どうなるかを見てみた気もするけれど、出られればだけれど。。。

それからわからないけれど、もう少し早め早めに動いて欲しかった、道中ムチを使ってでも3角手前から動くべきだと。。勝ち馬が前にいるわけだし、位置どりは結果的にではなくて、後ろ過ぎるわけで、早めに動いて馬場の良いインを一度はとる競馬をして欲しかったと。。

« 2011秋華賞コレクション(返し馬より) | トップページ | 「深山に菊三輪のあざやかさ」オルフェーヴルOrfevre(菊花賞で2011三冠馬達成) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/42581539

この記事へのトラックバック一覧です: 自己満足的敗因分析ピュアブリーゼ(秋華賞):

« 2011秋華賞コレクション(返し馬より) | トップページ | 「深山に菊三輪のあざやかさ」オルフェーヴルOrfevre(菊花賞で2011三冠馬達成) »