2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「いいですね!」ウインバリアシオン(神戸新聞杯) | トップページ | 「明鏡止水」オルフェーヴル(神戸新聞杯) »

「三冠パズルは完成間近だけれど」フレールジャック(神戸新聞杯)

Img_9417

まだちょっと写真があるので、あとだしですが。。

それにしても現3才世代は、不思議な世代というか、オルフェーブルもウィンバリアシオンもいわばディープ産駒が本格的に勝ち始めた10月ころには、勝ち上がって上のクラスで走っていたりして、そこからはディープ産駒大行進で、10月以降の他の馬はそれなりに少し以上回り道をしてクラシックに辿り着いたりしている。。それでバンバン勝っていたディープ産駒はクラシックでは牡馬の場合サッパリで、3着が最高の成績になっている。そうやって、ディープ産駒の季節が終わると、その始めにいた2頭がまだ残っていて、さぁどっちだってやってる。。。これも変な図式なような気がする。。。

神戸新聞杯も変なレースというか、完璧にペースメーカーに使ってくださいオルフェさん状態で逃げていて直線でパスされる時ももっと馬側にぶつけに行くくらいの騎手なのにアッサリ道を開けていたから、圧勝できたのは馬の力もあるけれど、その分も大きかったはずで、さて菊本番はどうなんだろうと。

それより、突き放されても本格的に追ったのがゴール前だけだったウィンバリアシオンの完敗の仕方の方が気になる気はする。

Img_9511

さてフレールジャックはどうだろうと。上がりの競馬で2頭よりも後ろの位置、一番外を通したけれど、その途中で外に膨れてその分離されて、それを挽回して差を少し詰めて終わった感じ。。末脚は同じくらいのものを持っているだろうと先着2頭とはおもうけれど空しい結果で、写真からだけれど、少し焦って走っていてフォームも悪いかなと。。。

1,2着馬がレースっぷりを変えなくても良いというか、今度はウィンバリアシオンが、もっとビッシリ来るだろうから4コーナーからはガラッと変わるだろうけれど、4コーナーまではこの2頭の位置どりは基本的に変わらないだろうと。

脚が質的に同じなら何らかの形で3コーナー手前くらいから、少し前に出て行って、4コーナーを斜めにロス無く外に出るのが挑戦する側からすると特に菊花賞では理想かなと。。

なぜか京都でも中山でも今回の阪神でも3コーナーの下り部分では大きく折り合いを欠くことがないので、それを使えないかと机上では思うのだけれど、行きたがっているとはいえ、スローペースでも首を上げて口を割ってまでの折り合いの悪さはないのでなんとか、京都に相性の良いヌレイエフが母父だし、なんとかなるのではと。。。。胸算用してみても、結果は見えているような気もするけれど。。

Img_9340

うるさすぎるパドック、工夫のない周回、スタンド前の返し馬など、彼が入れ込むには絶好の条件が神戸新聞杯にはそろっていたのだけれど、そういえばスタート前の輪乗りでは、回っているうちに入れ込みは少しマシになっていたから、馬場には先入れしたりして、落ち着く時間を長めに作ってやれば、少しだけなんとかなるのかなと。

さて、レースの鍵はセントライト組が握っているのかなと。ハイペースのレースの次のレース、自然と前に行けるからそんなに前半がスローになることはないだろうと。このペースにうまく乗れていくとそれなりのことが出来るのかなと。その前にセントライト1,2着はかなり強力かもしれないけれど。。

それにしてもロンシャンは天候が良いのだとか、にわかにスポーティングライフはスノーフェアリーって書き出しているけれど。。。

« 「いいですね!」ウインバリアシオン(神戸新聞杯) | トップページ | 「明鏡止水」オルフェーヴル(神戸新聞杯) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/42156799

この記事へのトラックバック一覧です: 「三冠パズルは完成間近だけれど」フレールジャック(神戸新聞杯):

« 「いいですね!」ウインバリアシオン(神戸新聞杯) | トップページ | 「明鏡止水」オルフェーヴル(神戸新聞杯) »