2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 「場外ホームランボールは何処へ行った?」メジロ牧場的日本競馬(2)、ラモーヌ、ハイネ) | トップページ | 「怪物ランドの住人達」(メジロ牧場的日本競馬(4)パーマー、モンスニー、デュレン) »

「完結しないサークルゲーム」(メジロ牧場的日本競馬(3)ライアン、マックイーン、ブライト)

App4051

(ライアン)

本当は、先行き不透明で、右肩下がりの景気が原因で、経営側がいわば牧場が一時的に苦しくなった時に本業から出すことになるお金の感じ方が変わったのが遠因の大きなものであるとは思うのですが、景気ばかりでなく、牧場産の種牡馬の生き方、生かされ方がそれにもまして夢を奪っていったかなと。。(相変わらずの散文です。)

メジロライアンは、メジロ牧場の生産馬としては、もっとも大きな成功をした種牡馬と言って良いし、ドーベル、ブライトが同時期にでて時代をリードしたことがあったけれど。。。もうその影は消えていってしまっている。とくに母父での影が薄いと。。。サンデーと競り合った素晴らしい種牡馬成績であったのにそれが全く母父としてはでないのは。。。

99kydmb06

(ブライト)

一番の後継はメジロブライトだったし、なかなかサンデー全盛のなかで、これはと思われてひょっとしたらと思ったけれど、すぐに亡くなってしまって。。。もうブライトと言ってどれほどの人が記憶しているかと。。。

App3724

(マックイーン)

マックイーンは、全く種牡馬としては振るわなかったと言って良く、これがまたアンバランス。。。以前にスピードシンボリが7才まで走って、その後種牡馬になって全く振るわなかったけれど、それを社台Sにいたから少しは上回ったけれど。。。最後の方は勝つときは完璧なものが多かったので、完璧なレースを軽い馬場でやりつつづける能力を保つことが、種牡馬としての能力を奪うのかなと。。。

自家生産馬が種牡馬になると、種付け料は行ってこい状態だろうけれど、自分のところの血統と重複するから、当然、繁殖牝馬を新たに入れてこなければならないけれど、それは上手くいっていたのだろうかと。。。海外は日本の社台をはじめ、アラブ系、アイルランド大牧場系などが競り合って高いし、2才セールで買おうとしてもそれなりの値段がついてしまっているし。。。繁殖にするには時間がかかるし。。。

そこへきて、期待していた種牡馬は失敗状態とか、早死にしたりとか。。。

これだけ、車輪が回るのが遅いなと感じる状態って、、、面白くないだろうなと。。。

一応後ろ向きなのはこれくらいで終わって。。。あと2回。。。

« 「場外ホームランボールは何処へ行った?」メジロ牧場的日本競馬(2)、ラモーヌ、ハイネ) | トップページ | 「怪物ランドの住人達」(メジロ牧場的日本競馬(4)パーマー、モンスニー、デュレン) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/41096814

この記事へのトラックバック一覧です: 「完結しないサークルゲーム」(メジロ牧場的日本競馬(3)ライアン、マックイーン、ブライト):

« 「場外ホームランボールは何処へ行った?」メジロ牧場的日本競馬(2)、ラモーヌ、ハイネ) | トップページ | 「怪物ランドの住人達」(メジロ牧場的日本競馬(4)パーマー、モンスニー、デュレン) »