2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「まずはこの時期新馬はバクシンオーということで」ゴーイングパワー(7月24日) | トップページ | 「メリーゴーランドが止まるとき」(メジロ牧場的日本競馬、メジロマックイーン、メジロカーラ) »

「赤なのに青」アーセナルゴール(7月24日)

Img_8801

前走の未勝利で、前がふさがっているとはいえ、直線で押さえきれないほどの手応えが、直接見ていてもビシビシ伝わってきて、それで追い出したら一気に突き抜けてしまうという抜群のレースをしたアーセナルゴールが7月京都の最終週500万を勝ち、秋の足がかりを掴みました。

少し今回は追い出しがはやかった分と鞍上が踊った分、相手が強くて絶好のデキだった分、差はつかなかったけれど勝ったことは非常に大きいと。

Img_8773

ハーツクライに母父サドラーズウェルズなのにヘイローの3×3以上のクロスを持っていて、瞬発力をもっているのか、持続力があるのか、わからない部分があるけれど、ダラダラ流れるレースでは、バテずに最後爆発できるタイプではないかと。

それにしてもアーセナルのユニフォームは、赤(エンジ系)が基調なのだけれど。なんで勝負服が青いのかなと。

« 「まずはこの時期新馬はバクシンオーということで」ゴーイングパワー(7月24日) | トップページ | 「メリーゴーランドが止まるとき」(メジロ牧場的日本競馬、メジロマックイーン、メジロカーラ) »

トピックス2011」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「赤なのに青」アーセナルゴール(7月24日):

« 「まずはこの時期新馬はバクシンオーということで」ゴーイングパワー(7月24日) | トップページ | 「メリーゴーランドが止まるとき」(メジロ牧場的日本競馬、メジロマックイーン、メジロカーラ) »