2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

「詰めろ!」リベルタス(若駒S)

Img_3885

3番手からの押切でリベルタスが勝ちました。ジワジワと伸びるのは新馬から変わっていないので仕方が無いけれどスローとはいえ、前に行って小回りのコースで勝ったのは大きい成果だと思います。

Img_3916

若駒Sに勝って次の中山のトライアルを勝つと、かなりの確率でクラシック勝ちになるので、次が大事であると。

Img_3843

母父がガルドロイヤルなのでこの時期にこんなに使って大丈夫かは後で分かるのでしょうが、なんとか福永騎手にダービーを獲らしたいものです。

Img_3960

「春風を運べるか」デボネア

Img_2156

(写真は12月阪神未勝利)

ダーレーの生産馬で、殿下の持ち馬で、馬体も良くってなんで走らないかなと思って、12月の阪神での未勝利戦を見ていたのですが、その後小倉で勝ち、京成杯で2着でクラシックの権利も半分取った形となり。。激変ですな。

Img_2127

母父ノーザンダンサー系ですから、春に向かってドンドン良くなるはずであり。。。楽しみです。

「ちょっとだけ帯が短いディープ牝馬」ドナウブルー、マルセリーナ(シンザン記念より)

Img_3807

ドナウブルーは馬体減、マルセリーナは右前の外向と注文がつく状態であり、直線まではちょっと動けないレースしかできないかなとパドックで思わせましたので。着順、着差は、道中の有利不利でも変わって来るでしょう。

Img_3800

それにしてもディープ牝馬は、魅力的な馬がみんな小さいのが気になるし。。それにディープ産駒はコース追いしてる方が、なんだか上のクラスでは何もデータは無いけれど良いような気もするし。。。わからんけれど、なにか足らないような気がして。。。

Img_3683

「一足はやい完調の報酬」レッドデイヴィス(シンザン記念1着)

Img_3786

マイナス10㌔と絞りきった仕上げは、他の馬の少しお釣りを残した馬体とは差がありました。先行馬有利の馬場で先行馬であり、このコース得意のタキオン産駒。。。

Img_3781

結果が出て当然です。セン馬ゆえのここ目標とも言える仕上げで結果が出てもおかしくない状態がパドックで一目でわかるのに、新聞の評価は前走の内容からしても低すぎてなにか都合の悪いことがほかにあるのかと。。もう少し何とかしてほしいと。

Img_3720

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »