2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のトラックバック

« 「季節を飛び越えられるか」ウインバリアシオン | トップページ | 「心熱くまでは。。。」グルヴェイグ登場(25日新馬) »

「良質のオーラ」クラキンコ(10年道営三冠馬、名古屋グランプリより)

Img_2975

名古屋グランプリで、クラキンコをみられるので出かけてきました。たしかに馬体は中央勢に適わないけれど、そのレースに対する姿勢というか、気持ちの真っ直ぐさが、こちらにまで伝わってくるのが素晴らしいと。牝馬独特の華やかさもあり。。。結構満足しました。

写真での耳の状態でわかるように、スタートしてすぐにワンダースピードが内側の有力馬には遠慮したものの、好位置を取るために、大外からみた感じ90度くらいの斜行をしたために、隣の枠の彼女は発馬直後に前を大カットされて、発馬約200㍍の地点では馬がパニくってしまっている状態がこれ。。。彼女がこうならずにもっと頑張れていれば。。。レース自体が話題になったのに。。

パドックでは、活気があるものの、嫌みが無く、良い感じに燃えている感じがとても印象に残り、カッコ良いと。。

Img_2922

小回りコースで仕方が無いとは言え、スタート直後のあまり名古屋でも見ない斜行はホント大いに考え物。。。斜行しても地方馬ならどうせ大差がつくから文句がでないとの考えも馬鹿らしいし。。。と言うよりは逆でないかと。。。

朝日杯でもこの時のデムーロの斜行がダメなのは、当たり前だけれど、外側のスミヨンとデムーロ、この2人の外国人騎手が描くライン取りを日本人騎手達ができずに結構外を廻してしまっているために、この時不利が大きくなったことがわかって愕然とした人も多いはず。。斜行以外でこの差をまず埋めて欲しい。。。と思った人もったいはず。

Img_3002

(名古屋GP最後の直線)

« 「季節を飛び越えられるか」ウインバリアシオン | トップページ | 「心熱くまでは。。。」グルヴェイグ登場(25日新馬) »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/38201666

この記事へのトラックバック一覧です: 「良質のオーラ」クラキンコ(10年道営三冠馬、名古屋グランプリより):

« 「季節を飛び越えられるか」ウインバリアシオン | トップページ | 「心熱くまでは。。。」グルヴェイグ登場(25日新馬) »