2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 「個性のデパートか豪華一点主義か。ハーツクライ産駒」ウィンバリアシオン、メイショウナルト、リフトザウィングス、キョウワジャンヌ | トップページ | 強そうなやつベルシャザール(10月9日) »

「自由か究極か」リベルタス登場(10月2日新馬)

Img_8886

上がり33秒台の1800のレースを差しきっての圧勝ととりあえずは伝説の新馬戦なみの芸当でリベルタスが勝ちました。

Img_8862

本当は大枚はたいて新幹線に乗り、1口持っているピュアブリーゼの新馬に行っている筈だったのですが、口取りがはずれて、口取りはずれイコール現在勝率ゼロの私にとってはとてもいやな予感がしたので(結果は2着。。。。やはり。。。)こちらに切り替えて良いもの見せて貰いました。

Img_8831

馬体は兄弟のブレーブハートに似ている感じですが、走っているところを写真で見てみるとディープの特徴が多くあります。こういう感じの産駒多いです。

鞍上はまた福永騎手、3ヶ月後くらいにはどれでどのクラシックにと大いに悩むでしょう。。。久しぶりに迫力のある新馬戦でした。

« 「個性のデパートか豪華一点主義か。ハーツクライ産駒」ウィンバリアシオン、メイショウナルト、リフトザウィングス、キョウワジャンヌ | トップページ | 強そうなやつベルシャザール(10月9日) »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自由か究極か」リベルタス登場(10月2日新馬):

« 「個性のデパートか豪華一点主義か。ハーツクライ産駒」ウィンバリアシオン、メイショウナルト、リフトザウィングス、キョウワジャンヌ | トップページ | 強そうなやつベルシャザール(10月9日) »