2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« とりあえずの先手ウインバリアシオン(野路菊S) | トップページ | 「自由か究極か」リベルタス登場(10月2日新馬) »

「個性のデパートか豪華一点主義か。ハーツクライ産駒」ウィンバリアシオン、メイショウナルト、リフトザウィングス、キョウワジャンヌ

Img_8475 

(ウィンバリアシオン母父ストームバード)

Img_8396

好調ハーツクライ産駒ですがレースっぷりは早めに先頭に取り付いて、または先行して直線でもう一度爆発して早めにリードを広げ、そのリードを真っ直ぐ惰性を持って走って守りきってしまうレースであることは共通していると思います。2才戦では大崩のないレースのやり方が出来ていると思います。

Img_8436

(メイショウナルト母父カーネギー)

ただ、馬を見ていると当たり前ですが母系の影響も出ていてその面が面白いなと。前脚の運び方はあんまり大差がないような感じを受けるのですが、後ろ脚は蹴りきって歩く奴もいれば、ちょっと叩く感じだけでさっと引きつけてしまうものもいます。それが今後レース適性や距離の融通にも影響してくるのでしょうが、いまはあんまりわかりません。

Img_8727

(キョウワジャンヌ母父シーキングザゴールド)

リフトの場合は後ろ脚は地面スレスレをサッと動かしていて、脚を上げ大地を叩く感じの動作は他の3頭よりないかなと。。今度はどんな産駒が出てくるか。パドックが楽しみです。

Img_8293

(リフトザウィングス母父コジーン)

« とりあえずの先手ウインバリアシオン(野路菊S) | トップページ | 「自由か究極か」リベルタス登場(10月2日新馬) »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とりあえずの先手ウインバリアシオン(野路菊S) | トップページ | 「自由か究極か」リベルタス登場(10月2日新馬) »