2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« ひとつの答えとしてセンチュリアス(82年JC)フェアウェイ系 | トップページ | 「力の差は心の差だ」と教えてくれたエイプリルランApril Run (82JC) »

もし「もしも」があったらミホノブルボン

App4121

時々この92年のスプリングステークスの写真をみると、もしこの馬が菊花賞以降無事であったら、どんな戦績を残しただろうと思うのですが、92スプリングSは、最悪の馬場でのワンサイドゲームの逃げ切り。彼が通り過ぎて暫く音が無くてそれで2番手馬群の音がドッとしてきたのを良く憶えています。

92sps3

中距離での世代での強さは5馬身以上でしたし、それでいて長距離で名馬ライスシャワーと接戦をし、ライスは他の世代を負かしています。加えて極悪馬場をスイスイ行けるのですから、ダートも強かったはず。

App4124

ダートでも、芝でも、海外でも。。。現在のような状況なら、何かがもっと早く変わっていたかも。。。

« ひとつの答えとしてセンチュリアス(82年JC)フェアウェイ系 | トップページ | 「力の差は心の差だ」と教えてくれたエイプリルランApril Run (82JC) »

すばらしき名馬達 90~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もし「もしも」があったらミホノブルボン:

« ひとつの答えとしてセンチュリアス(82年JC)フェアウェイ系 | トップページ | 「力の差は心の差だ」と教えてくれたエイプリルランApril Run (82JC) »