2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« もし「もしも」があったらミホノブルボン | トップページ | 「コスマー的」スダホーク考 »

「力の差は心の差だ」と教えてくれたエイプリルランApril Run (82JC)

App3799

今まで神様のようにあがめてきた日本の名馬より遥かに強い馬が日本にやってきてレースをする。。。そんな現実があったのが82年のJCです。

App2150

翌年の凱旋門賞馬オールアロング、アメリカの英雄であるジョンヘンリーはいたものの、その年の凱旋門賞を本命で僅差で破り、その後アメリカでG1を圧勝してきたこの年の秋の世界最強馬であるエイプリルランの参戦は心が踊る出来事でした。

App2104

そしてパドック。。。大きな歯ぎしりの音。。彼女が遠征により苛立っているのがわかりました。ギリギリまで細くなった馬体。日本の馬なら入れ込んだり、暴れたり、動きを小さくしてはじめからあきらめてしまうか。。。

Ar03

彼女は普通に歩いていました。歯ぎしりをする以外は何もせずに。。。なにかをすればレースに影響が起きるのを知っていたのでしょう。

あれほどの歯ぎしりの音、今でも聞いたことがありません。

そして少しも騒がずに前へ真っ直ぐ歩いていました。

82年のJCは彼女たち世界の一流馬に日本馬との差の中にレースに挑む心の問題でも大きな差があると思い知らせてくれたのです。

App2119

現在、世界レベルに追いついたといわれる日本馬ですがブヨブヨの外国馬に踏ん張られて、キッチリ仕上げられた日本馬がドバイでアッサリ負けてしまうとき、力の差は心の差であると分からせてくれた、この時の光景を思い出してしまうのです。

« もし「もしも」があったらミホノブルボン | トップページ | 「コスマー的」スダホーク考 »

ザグレートホース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/36253840

この記事へのトラックバック一覧です: 「力の差は心の差だ」と教えてくれたエイプリルランApril Run (82JC):

« もし「もしも」があったらミホノブルボン | トップページ | 「コスマー的」スダホーク考 »