2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« この春から500マイル先へ「その3」不可解な冷遇インディアナカーヴの2008 | トップページ | この春から500マイル先へ「その5」(社台スタリオン)違う夢の結末は?チチカステナンゴ、ディープインパクト »

この春から500マイル先へ「その4」執念力の3頭ハルーワソング2008,プリンセスミラクル2008,ピューリティー2008

Img_6979

ノーザンファーム空港牧場で見たハルーワソングの2008は、まず馬体の小ささが目に飛び込んでくるものの、その他の素晴らしさで、その部分は考えていられなくなるのが特徴かなと。。

Img_6971

競争でどうでるかはわかりませんが、サンデー系の名馬に母父ヌレイエフでは買わないわけにもいかず、キャロットのラインナップもディープに欧州の血統という、余程凱旋門賞に負けたのが悔しいのかという、ディープの産駒で海外制覇という執念を感じる配合や募集のラインナップに意気を感じてこの馬で入会してしまいました。

ただ気性がカッカする感じの馬なのでそれも馬体が増えないのに多少影響していて、なにも父親の影響がでて小さいというプラス思考だけでは考えずらいなと。。。

Img_6966

同じ空港牧場で見学したのがプリンセスミラクルの2008。

こちらは、黒色の馬体で他の景色が感じられなくなるほどの大きな馬、こちらは検討中ですが、スピードがあるかどうかだけが気になります。母方にスリルショーが入っているので一本調子であり、その分勝負弱いように見えるのが父、母父の特徴より少し大きくなるかもしれません。その分スピードがほしいです。筋肉は馬体の重さを感じさせませんでしたが。。

Img_6990

ノーザンファームにまわって、ピューリティーの2008。

母父モンズンのガリレオ、モンジューの3歳産駒が3歳春までに2勝以上あげて(この2頭の種牡馬の産駒がヨーロッパでは凄いのに日本ではコロコロ負ける中で)俄然私の中では注目なのですが、牧場ではそんな話題もあまり出なかったので。。。

それにしてもバランスが良い馬です。案外スピードもありそうです。馬体はバランスも良く小さいと感じることもなく、毛色もこれから鮮やかな感じになりそうで、楽しみな馬です。

キャロットには、子分け制度があり。。長く楽しめそうですが。。募集すればの話ですが。この後社台ファームへ行ったのですが、ノーザンファームの方が冬毛がひどくなくてこれが不思議といえば不思議で。

« この春から500マイル先へ「その3」不可解な冷遇インディアナカーヴの2008 | トップページ | この春から500マイル先へ「その5」(社台スタリオン)違う夢の結末は?チチカステナンゴ、ディープインパクト »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/34217226

この記事へのトラックバック一覧です: この春から500マイル先へ「その4」執念力の3頭ハルーワソング2008,プリンセスミラクル2008,ピューリティー2008:

« この春から500マイル先へ「その3」不可解な冷遇インディアナカーヴの2008 | トップページ | この春から500マイル先へ「その5」(社台スタリオン)違う夢の結末は?チチカステナンゴ、ディープインパクト »