2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 際立つものを際立たせてヴィクトワールピサ皐月賞1着 | トップページ | 亜種か異種かアリゼオ、エイシンフラッシュ、ローズキングダム(皐月賞から) »

不用意な日常でヒルダムールは皐月賞に敗れる

Img_7645

藤田騎手の一番あかんというかわからんとこは、最後の直線とか最初のスタートとかで前に馬がいるときに進路を替える前にムチを打ってしまうことだと思います。

そのために反応の良い馬、最後の直線なら手応えがあればある馬ほどムチに反応する時間が早くて、ムチを打っている時間と反応した時間の早さ分、前の馬に乗っかかることになり、それから進路を変えるために、手応えの残ってる馬ほど結局大きく進路を変えなければならないことになり、今回のように勝てたレースをムチ一発で失うことになると。。。馬が中心の競馬でないんです。。そこが。。

Img_7692

これはたとえばムチを打ったときに前の馬がヨレたら、真っ直ぐに走れて、その分ムダが最大限に省けてしまうためにズバッと鮮やかに決まったように見えたりして、見ていると男気を感じる騎乗に見えて、それが好きな人もいるのですがどうも感心しません。大レースでもシルクジャスティスの有馬記念が上手くいった例ではあるのですが。。

前の馬がよれるのは、結局はレベルが低い方が多くて、このような騎乗は日常的なレースの中で生業を稼ぐために見いだしたものであると思いますが、大きなレースでは通用しないというか、勝ってしまったで良い普段のレースでは出しても、勝とうとする強い意志をもったレースでは不用意に出すものではないと思います。

クラシックレースの前の楽しみはひょっとしたら三冠馬になる馬はどれだろうと思うことなんですが今回はそれはヒルノダムールにしかないものだったので余計に残念に思いました。

« 際立つものを際立たせてヴィクトワールピサ皐月賞1着 | トップページ | 亜種か異種かアリゼオ、エイシンフラッシュ、ローズキングダム(皐月賞から) »

トピックス2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 不用意な日常でヒルダムールは皐月賞に敗れる:

« 際立つものを際立たせてヴィクトワールピサ皐月賞1着 | トップページ | 亜種か異種かアリゼオ、エイシンフラッシュ、ローズキングダム(皐月賞から) »