2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« この春から500マイル先へ「その1」元気だったサッカーボーイ | トップページ | この春から500マイル先へ「その4」執念力の3頭ハルーワソング2008,ピューリティー2008 »

この春から500マイル先へ「その2」バージョンアップ出来るゼンノロブロイ

Img_7449

(ペルーサ)

私はゼンノロブロイを阪神で2度見たことがあるので、阪神だと写真を楽に取れる場所が馬を縦位置でみるところなので、どちらかと言えば前方からのイメージばかりが強くて最初の写真のイメージの通り細長い馬だというイメージがあるのですが、秋にスタリオンで説明を受けたところでは、ゴツゴツした角ばった馬体が特徴だということで、随分自分のイメージと違ってこれは勉強しないとあかんなと思って帰って来ました。

Img_7006

この前阪神でロブロイ産駒のペルーサを見た時にそれまで秋からみてきたロブロイ産駒とあわせて大体イメージができたので、今回はそのイメージがどれくらい本当か試すことも楽しみのひとつとなりました。

Img_7009

放牧地で、近寄って来てくれて、初めて横から彼の馬体を見ることができましたが、角ばっているけれど、その一つ一つは柔軟であり、それは産駒に良く伝わっていて、容量の大きな筋肉は鍛えれば後天的な成長も可能な気がしました。

« この春から500マイル先へ「その1」元気だったサッカーボーイ | トップページ | この春から500マイル先へ「その4」執念力の3頭ハルーワソング2008,ピューリティー2008 »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« この春から500マイル先へ「その1」元気だったサッカーボーイ | トップページ | この春から500マイル先へ「その4」執念力の3頭ハルーワソング2008,ピューリティー2008 »