2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« ペルーサに皇帝円舞曲を!(若葉S) | トップページ | 風がまだ痛い土曜日の毎日杯はダノンシャンティ1着 »

鑑賞に堪えられるヒルノダムール(若葉S)

Img_7386

体の輪郭がキリッとしているというか、輪郭線が他の馬より太いというのか、とにかく何か無尽蔵のものを感じさせてくれる馬です。とにかくラムタラの名前が入った馬では初めての期待馬です。

Img_7369

レースでは、ハイペースだからかもしれませんが、前走のようにロングスパートせずに、直線で仕掛けようとして、相手に来られしかも寄られて、加速の最初をムダにしてしまいました。

仕掛けが遅れたのはトライアルだからの意識もあったでしょうし、プラス体重でよく見えるときは少しだけ体に余裕があるので、本番前の9分の仕上げであったのでしょう。その分負けたとも言えます。

Img_7346

« ペルーサに皇帝円舞曲を!(若葉S) | トップページ | 風がまだ痛い土曜日の毎日杯はダノンシャンティ1着 »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鑑賞に堪えられるヒルノダムール(若葉S):

« ペルーサに皇帝円舞曲を!(若葉S) | トップページ | 風がまだ痛い土曜日の毎日杯はダノンシャンティ1着 »