2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

「来るか勝負の春」ホクトスルタン

Img_6747

4代にわたる天皇賞制覇の夢がかかるスルタンですが、

はたしてどうなのでしょうか。

父はもう少し前掻きというか、前脚のフットワークが

力強かったように憶えていますが。。。

「軽くゆっくりから速く軽くシッカリとへ」ドリームジャーニー(10年京都記念より)

Img_6765

以前は、ゆっくり、なだめるように行われていたドリームジャーニーの返し馬もいまでは、ビュッと速さが加わっています。勝つごとに年を重ねるごとに走ることが好きになり、自分自身を楽しんでいるように見えるのは、母父メジロマックイーンもそうでした。今年もやれそうですね。国内旅行専門ですが。。。

Img_6824

山あり谷あり。。また始まる1年ブエナビスタ(10年京都記念)

Img_6855 

鮮やかな勝利だけれど。。勝ちタイムが。。。体重が戻っていたけれど。。それが輸送などのスケジュールとの絡みであれば、長距離輸送及びその後はあまり良い結果がでないかもしれないと。。。

Img_6862

強いというか速い感じがする勝ち方がどれだけ通じるかと。。

自分の出資馬ではないけれど、これだけ回数見る馬も少ないのでその辺も注目して、ドバイWCは見てみようと。。

Img_6826

ただ今日は目標のために、負荷を掛けないように返し馬からレースまで全てをコントロールした横山騎手の騎乗が鮮やかすぎて。。。あんま強さを感じないと言うか。。。

日本以外はどこでも王様になれたのではと。。。キングヘイロー

97rtkh101

どちらかと言えば、少し荒れているとか、少し重い馬場とかでしっかり追い込んでくるタイプでしたから、思い切りストライドを拡げた方が有利な日本より、他の国だったら、もっと強かったんじゃないかと思います。

ひょっとしたら日本が一番不得意でそれ故一流馬程度の成績でなかったのかと。。。

97rt3

特にゼニヤッタとかレイチェルとかシーザスターズとかと共通したものがあるような気がして。。。母父になったときにもっと凄いものが出るような気もして。。。血統はこの20年くらいでは最高のものでしょうし。。

写真は97年12月短波賞の時のもの。

97rtkh1

2月に花を。この季節に思い出すライブリマウント

App4391

写真自体はプロキオンSのものなので良い頃のものとは違うのですが、この季節になるとこの馬の存在をいつも思い出します。

App4494

強い頃は、軽く走って敵はない感じの強さだったので。ドバイに行って6着ですか。日本のダート王なんて、ただの井の中の蛙だと思っていたので、完敗だけれど着順にはビックリした思い出があります。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »