2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 98年ラジオ短波賞3才S「最も刺激的な12月」アドマイヤベガ | トップページ | 大地をどついて走るシンボリクリスエス »

「よみがえれルドルフ!」シンボリルドルフ(85年有馬記念より)

App2499

Symboli Rudolf

85年有馬記念での返し馬のルドルフのキャンターは胸を突き抜けていくような痛みをともなった少し異次元の(私にとってはですが)迫力のもので。。。。

App2500

楽しみにして出来上がった写真を見てみると力感は全くないものの、大きいフォームで走っていることがわかり。。

App2505

手足を伸ばす力も強いなら、を引きつけてくる力も強いサンデー産駒より強くて速いことが一目瞭然で。。

App2504

レースは2冠馬ミホシンザンに5馬身しかつけられないものだったから彼は完調でなかったと言っても誰も文句言われないほどの強さを彼はもって存在していて。。。

完調でなくてもこれだけこちらに何かを与えてくれたのがいまでも印象に残っていて。。。

App2501

いまでもこのキャンターに匹敵するほどのものは見たこともなく。。。真っ直ぐに力感無く走っていける返し馬と言う点では日本馬ではディープインパクトくらいだろうけれど。

« 98年ラジオ短波賞3才S「最も刺激的な12月」アドマイヤベガ | トップページ | 大地をどついて走るシンボリクリスエス »

いまでも№1「シンボリルドルフ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 98年ラジオ短波賞3才S「最も刺激的な12月」アドマイヤベガ | トップページ | 大地をどついて走るシンボリクリスエス »