2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

« 北風で泣き笑い。それも競馬。(プレミアムボックスの京阪杯) | トップページ | 99年JC公開調教より(2)「伝統のかたちとしてのボルジア」 »

99年JC公開調教より(1)「モンジューの鋼の強さ」Montjeu

Mj7

モンジューについてはもう有名ですし何度も少しづつ写真をだしてはいますが。

Mj5

彼を見たときの衝撃は、今でも憶えています。

まず馬がごつい。。でも凄く柔らかい。つきたて餅のようなんです。筋肉の動きは液体にさえ近い。でも力強い。

Mj12

力が本当に強いのだけれど、俊敏が失われているところがひとつもない。

公開調教はダートコースでダクしただけだったけれど、踏み込みは強いし、柔らかいんで正確に地面とフィットしているというか、歩く段階からバランスが凄く良くて、地面が共鳴する感じがして、踏み込みのたびにこちらにドンドン響いてくるし。。

Mj3

Mj9

柔らかさに関しては、共通項的なものを持っていたのはルドルフが一番近いと。。ほかの海外馬をあわせても。。

それが嬉しかったのも彼を見たときの大きな印象のひとつ。

Mj15

« 北風で泣き笑い。それも競馬。(プレミアムボックスの京阪杯) | トップページ | 99年JC公開調教より(2)「伝統のかたちとしてのボルジア」 »

ジャパンカップ(90年代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 99年JC公開調教より(1)「モンジューの鋼の強さ」Montjeu:

« 北風で泣き笑い。それも競馬。(プレミアムボックスの京阪杯) | トップページ | 99年JC公開調教より(2)「伝統のかたちとしてのボルジア」 »