2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「非主流ながら圧倒的カリスマ」ニチドウアラシ | トップページ | 「アンカーは自然体で。」カンファーベスト »

「過去と未来をつないで」ボールドルーラー系ロイヤルスキー編

Af8 

90ouaf04

(アグネスフローラ)

ボールドルーラー系の種牡馬として忘れてならないのが

ロイヤルスキーでしょう。早熟、短距離、マイルが得意な

感じが産駒にはありましたが、アグネスフローラ、ワカオ

ライデンは、繁殖として、種牡馬として大活躍しました。

桜花賞馬として強烈な印象を放ったアグネスフローラは、

アグネスタキオン、アグネスフライトの母であり、特に

タキオンを通じてボールドルーラーの血脈は日本に

薄いものの根付いたと言っていいでしょう。

App2463

App2477

ワカオライデンは、競走馬としても息長く優秀な走りを

してその後、地方のリーディングの常連種牡馬となり、

ライデンリーダーを出しています。

この2頭に共通しているのは、父だけでなく、母父が

ヨーロッパ血脈のリマンドであること、そして母系に

ハイペリオン系の要素があることです。

日本の芝でアメリカ血脈の父がヨーロッパ血脈のどちら

かといえば古くさい血統と組み合わされてそれが、他とは

ちがう強烈な個性を現代に生み出す原因の一つになって

いるなんて血統表を眺めて面白いなと。。。。

« 「非主流ながら圧倒的カリスマ」ニチドウアラシ | トップページ | 「アンカーは自然体で。」カンファーベスト »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「非主流ながら圧倒的カリスマ」ニチドウアラシ | トップページ | 「アンカーは自然体で。」カンファーベスト »