2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 不真面目なつけは馬が命で払うの?ルミナスハーバー降着 | トップページ | 「しなやかな俊敏」私的ディープインパクト(若駒Sより) »

お寒い言い訳の顛末は。。。降着見聞録

Img_2221

(斜行してもなお追い続けたら失格になるわな。。。)

HPによると、案の定「馬が苦しがって斜行した」と馬に原因をなすりつけるコメントが掲載されたけれど、競馬週刊誌両方ともにこのコメントを掲載する空白、字数がありながら掲載はなし、さすがに良心があります。パトロールフィルムをみれば騎手が外側に体重を掛けて手綱を外に向けて追っているから誰がみても原因が鞍上にあるのはあきらか。。。クラブに問い合わせたところHP上のコメントを肯定するという全く常識無しの反応にガッカリ、こんな競馬を知らないと言うか、結局は職業意識のないやつに少なからず食わしているのかと思うと、会費の値下げを求めたい気持ちに。。。

Img_2161

コスモバルクの五十嵐騎手の斜行の時もそうだったけれど危ない斜行を繰り返す騎手はみんなが準備していて結局、ラフプレーをしても処分にならないことになってしまう。みんな降着とかの警告の前に人や馬の命にかかわる事故は避けたいから。

結局は無茶苦茶やる騎手で無神経な奴が得をするような場合がある。妨害された秋山騎手が何ともなく追えていたのは競り合いなのに必要以上に馬を近づけない等ラフプレーを予測して乗っていたから。逆をいえばラフプレーがくると思って乗るほど、鞍上のラフプレーが日常化しているということ。

見た目には影響は少なく見えるけれど、この日も斜行を少しも止めなかったのだから、常習者が悪質なことをして、猶予付きの放免される訳がないのは社会的にも当たり前のこと。。。

今回は警告がたまった選手がさらにラフプレーをしてカードを切られただけ、これはレースを公正に運営していこうとすればその場だけの機械的な判断でなくスポーツの理念にたった行動が裁決には必要で、判断は当然といえると僕は思う。正直者が馬鹿を見ない運営をするのは当たり前。そうでないと公平は保てないから。

Img_2156

もう一つ駄目なのは警告を受ける可能性のある騎手を普段から使い続け、厩舎がこの公平に刃向かい続けてきたこと。

これは厩舎内部の人間関係も含めたつながりのなさ、それを生んだ一度成績を上げてしまえば現状維持の努力だけで下がる必要がない結局は免許制度で実質的な競争のない競馬サークルの中で生まれる傲慢と社会性の無さがそうしているのは明らか。

Img_2205 

(後ろで外にだしているコンゴウリュウオーと見比べると騎手はほとんど同じ位置、わざと外側へいこうとしているのがわかります。)

そうとはいえ、ルミナスハーバー自体は一皮むけた印象。鞍上が違えば最低でも1分7秒の後半で走れる出来だった。鞍上が直線で真っ直ぐ走らせる意識、スキルがないので0.5秒程度はかかるので、タイムを1分8秒5を切る程度と予想して結局8秒2なので、何かしらの成長があるのかもしれない状態にはあり、騎手さえ変われば多分1200でも7秒中盤まではこれるはず。。黄色いメンコより、渋い色のメンコの方が馬の反応は良いがそれも厩舎の風通しが悪いから気づくはずもなく。。

« 不真面目なつけは馬が命で払うの?ルミナスハーバー降着 | トップページ | 「しなやかな俊敏」私的ディープインパクト(若駒Sより) »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/30031442

この記事へのトラックバック一覧です: お寒い言い訳の顛末は。。。降着見聞録:

« 不真面目なつけは馬が命で払うの?ルミナスハーバー降着 | トップページ | 「しなやかな俊敏」私的ディープインパクト(若駒Sより) »