2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

ゲバルトステイヤーの可能性は?4月26日

Img_1898

Img_1884

アンタレスSがウォータクティクスの逃げ切りで1800を1分47秒台のレコードが出された次のレースで、今度はゲバルトステイヤーが外を回って差しきって1分48秒台で圧勝しました。

直線まで脚を貯めて一気に爆発させるのでなく、タキオン産駒の爆発したら意外と長持ちする推進力をいかんなく発揮させる一気の4角手前からのまくりでの圧勝でした。今後も大いにタキオン産駒マニアとしては楽しみな一頭です。

Img_1885

写真は07年の1月新馬戦で撮ったものです。綺麗で格好いい馬だなと思いましたが、惨敗して、あれって感じがしたのを良く覚えています。

その後名前を聞きませんでした。成績を見ると、2走目は07年9月に着外で地方へ。

地方で連勝して中央へ、それからボチボチ上昇してきて、今日が圧勝です。

良い馬だなと思った彼の激走は、自分への何よりの栄養補給になりました。

「輝き一閃ブエナビスタ」09年桜花賞

Img_1850 

Img_1854

Img_1855

09年桜花賞は、アッサリとブエナビスタの優勝です。

いつもの競馬をしていつものように勝ちました。

斜めからの向かい風が吹いていて、外から差してくる馬には風を他より受けるために難しい条件な分、着差が開かなかっただけで完勝であったと言えます。

Img_1760 

レースはこれといって平凡でした。パドックも含めて権利を取った馬はどれももう峠を過ぎている感じすらしました。G1レースは関係者の思いで作りの場ではあっても勝負の場ではありませんでした。

Img_1807

自分の愛馬が出ていた忘れな草賞のほうが緊張感などがあり馬のレベルも高かったような感じがします。

Img_1753

例外と言えばレッドデザイアでしょうか。もっと華奢な感じを想像していましたが筋骨隆々で、マンハッタンカフェ産駒の例外といった感じの作りでした。彼女が勝っても不思議はない雰囲気がありました。

「何年ぶりかの桜の仁川へ。。私の桜花賞史」82年~

Af4 

(90年アグネスフローラ)

今年は、抽選がどうなるか分かりませんが、桜花賞当日の忘れな草賞に愛馬出走のため、なんと14年ぶりの桜花賞見物となります。

82ouklg02

最初に見たのは82年リーゼングロス、圧勝した後、止められず、当時では珍しいウィンイングランになりました。

App2923

App2922

85年はエルプス、この馬は桜花賞を勝つために生まれてきたような感じさえしますが、雨の中で見事な逃げ切りでした。

App2884

App2885

86年は、メジロラモーヌ、盤石の強さです。どうやっても勝てない、まさに圧勝です。

88ouk01

App4294

88年はアラホウトク、トウショウボーイ時代を揺るがせないものにした彼女の活躍でした。

Ouka891

89年はシャダイカグラ、武豊初めての桜花賞制覇は、大外枠、出遅れを克服してのもの、力が違いました。

App3287

App3293

90年は旧阪神最後の桜花賞。ラストを飾ったのは、なんとアグネスフローラです。タキオンを通じてその輝きは永遠のものとなるのかもしれません。

App4220

91年は京都での史上最高と言われた桜花賞です。例年より遙かに粒が揃ったレースに、阪神よりもフェアな京都でのレース。

冬から胸が高まりましたが勝ったのは、シスタートウショウです。父はトウショウボーイ、母方はトウショウ牧場が重ね合わせたまさに日本競馬の縮図的な血統、それが居並ぶノーザンテースト、ノーザンダンサー系の居並ぶ強豪を全てを打ち負かしてしまった衝撃のレースとなりました。

93oukv02

93oukv06

93年はベガ、桜花賞馬の中で初戦を見た馬、初めての馬です。新種牡馬トニービンに洒落た馬名で可能性を感じた一頭でした。

95ouk04

95ouk03

95年は、震災のため再び京都での開催でした。勝ったのはワンダーパフュームでした。2着はダンスパートナー、いよいよサンデー時代の幕開けです。

さてさて今年はどうなるか。。。気楽に羨ましがりながら、見たいと思います。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »