2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 97年ジャパンカップ「今も続く予想図」ピルサドスキー、エアグルーブ、バブルガムフェロー | トップページ | 「良い馬に良い騎手が乗って競い合うことが競馬」JBCクラシック »

「超豪華内覧会スワンS」マイネルレーニア1着、ローレルゲレイロ、スズカフェニックス、ファイングレイン、ファリダットなど

Img_8574

豪華メンバーになったスワンS。

勝負はまだ内側が有利なためか内側を先行したマイネルレーニアが勝利、3着には最内をついたジョリーダンスが入りました。

1400では内側を先行した方が今の京都は断然有利です。今回もハンデ戦ではないけれど力は拮抗していたのでその傾向がそのままでました。この傾向に逆らうには相当実力が必要です。

ファイングレイン、スズカフェニックス、ファリダットともに外を回って追い込みましたが、愛馬ルミナスハーバーがもっと下手をやったわけですが、そうして駄目だったようにあまりひどくない回し方でもやはり追い込み切れませんでした。

次からBコースになるので内側有利は変わらないと思われ騎手の乗り方、騎乗の上手下手で大きく着順が変わることになるでしょう。余程雨の中で開催をやらない限りは。

横山騎手騎乗は、やはり今の京都の内の有利さへの対応がもう一つでした。横の間隔の取り方も少し広かったりして甘さを感じました。騎乗フォームも少し変わったなと思いますので多分腰痛でもあるのかなと感じました。

Img_5311

マイネルレーニアは、普通のデキに写りました。あんまり自分の中で印象が薄いので勝利はタマタマだろうと思って血統をみたら母系にハイペリオンが色濃く入っているのに気づきました。まだ4才ですから成長し続けるものと思われます。だんだん強くなってきているのに立派だなとくらいしか感じられないのが反省です。

Img_5292

Img_8531

ローレルゲレイロは、3才の1月シンザン記念で見たとき、小さい馬だなと感じましたが、今回はそれを感じませんでした。体調も良さそうで益々やる感じがします。

Img_5355

Img_5343

Img_8541

スズカフェニックスはもう少し活気が欲しいかなと感じました。

この馬を見るとこの馬こんな感じだったかなっていつも思うのですが、今回もそう思えたのでデキは普通以上あったのだと思います。

Img_5331

Img_8597

ファイングレインは、初めてですがとても良い馬だと思いました。もっと四角い馬だと思っていたのですが、格好良さに惹かれました。

Img_5302

Img_5352

ファリダットは、3才はじめは、歩くのが遅かったのですが、なんとか解消されつつあるもののまだ遅いのが気になりました。キングマンボの系統はどうも歩くのがおっとりしているのですが、これが変わらずに歩けた時が完成された時と思います。もう少し細く見せた方が良いのかもしれませんが。

Img_5286

ジョリーダンスは、いつも活気のある馬ですが今回は力強さを感じました。

Img_5299

Img_8545

トウショウカレッジは、大きい馬でした。はじめて意識してテレビも含めてですが見たのでこれ以上はなにも感じませんでしたが、陣営は相当期待していたみたいです。

これも外側を通ってその分負けた感じです。

« 97年ジャパンカップ「今も続く予想図」ピルサドスキー、エアグルーブ、バブルガムフェロー | トップページ | 「良い馬に良い騎手が乗って競い合うことが競馬」JBCクラシック »

トピックス2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 97年ジャパンカップ「今も続く予想図」ピルサドスキー、エアグルーブ、バブルガムフェロー | トップページ | 「良い馬に良い騎手が乗って競い合うことが競馬」JBCクラシック »