2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 神戸新聞杯その2、ブラックシェル、オウケンブルースリ、スマイルジャックなどなど | トップページ | パドック百景「ミスターシービー叩き一変の三冠」83年菊花賞 »

「もっとも印象的な無名のステイヤー」パッシングサイアー82年菊花賞2着

App3255

(82年菊花賞)

11月に菊花賞が行われた頃は、ステイヤータイプの馬が一気に秋に完成してくるために、菊花賞で勢力図があっけなく変わってしまうことが良くあり、それがとても面白く、菊花賞を他のレースとは違うものにしていました。

パッシングサイアーは、夏前に賞金的に権利はとって10月京都大賞典にでてきます。同じ3才で牝馬のメジロカーラに敗れて5着となりますが、開幕週で当時としては早いタイムの決着であり、長距離タイプにはどう考えても不向きなレースであることが分かり、それでも結果的に差がなかったので、叩かれたことでどう考えても向いている菊花賞で期待がもてると思いました。

App3258

82kiku05

(菊花賞)

父ゲイサンは、凱旋門賞馬のファイントップ系であり、母父は、当時最高の血統とされた凱旋門賞馬ヴェイグリーノーブル(ハイペリオン系)でしたから、秋に強くて当たり前、距離が伸びて強くなって当たり前の血統で、思いこまなくても何かを感じさせる血統でした。

82kydps01

82kydps02

(82年京都大賞典)

菊花賞のパドックでの眩いばかりの馬体には感動しました。

結構パッドックは時間が長くて、どんな時でも飽き飽きする感じが少しは生まれますが、このときは何度でも完璧で芸術品のような馬体を鑑賞したい欲望が尽きませんでした。

結果は、ホリスキーのレコード勝ちの中を追いつめたけれどの2着。。結果的にこの菊花賞が最後のレースとなってしまいました。

いまでも彼が最高のステイヤーの一頭と信じています。

« 神戸新聞杯その2、ブラックシェル、オウケンブルースリ、スマイルジャックなどなど | トップページ | パドック百景「ミスターシービー叩き一変の三冠」83年菊花賞 »

名脇役たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 神戸新聞杯その2、ブラックシェル、オウケンブルースリ、スマイルジャックなどなど | トップページ | パドック百景「ミスターシービー叩き一変の三冠」83年菊花賞 »