2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 10月26日新馬戦よりアンライバルド、リーチザクラウン、ブエナビスタ、ツルマルハロー、トップゾーンなどなど | トップページ | 「超豪華内覧会スワンS」マイネルレーニア1着、ローレルゲレイロ、スズカフェニックス、ファイングレイン、ファリダットなど »

97年ジャパンカップ「今も続く予想図」ピルサドスキー、エアグルーブ、バブルガムフェロー

App4567

App4568

App4569

この年のジャパンカップは、世界のトップグループにいるピルサドスキーが出走し、いくら目玉の馬が走らないJCでもこのクラスになると負けようがないだろうと思われたレースでした。

App2379

App2390_2

Ps4_2

App4573

App4576

App4577

そしてレース結果はその後、現在も続く血統の優劣を示すような結果になり、次の年の結果も含めて非常に興味深いものになりました。

Bgf3_2

App2376_2

13

日本の競馬は、このレースに出走したバブルガムフェロー等最初の頃の世代の大成功により、サンデーサイレンスの優位が確立され、継続した大成功から生産自体が1頭の種牡馬を中心にしてまわってしまいます。そのためサンデーばかりのクラシック戦になり、距離適性が少し薄れてしまい競馬の魅力の一部分を奪れてしまいました。サンデーばかりを相手に戦ったサンデー産駒の三冠馬は国内では圧倒的な強さをしめしたものの、海外では敗れており、その敗戦は他の年のレースのレベルで高かった年に参戦し、惨敗した馬との比較で果たしてその優位が証明できるかどうか疑問すら感じさせました。

この当時バブルガムフェロー等で感じたことは、1800から2000位で圧倒的な強さがあり、その周辺の距離でも急激な適性の下降がないことでした。

App2377

Ag3

16

115

114

これはエアグルーブのトニービンにも言えたのだろうと思います。少しこちらの方が長距離には優位性があるかなと思われましたが、同じように中距離での瞬発力でとそれを持続させるフォルムに優れていると思いました。

ピルサドスキーはダンジグ系の父に、母系にはヨーロッパの王者が顔を見せる現在も欧州の主流となっている血統です。

レースではその瞬発力で、サンデーとトニービンの代表産駒に勝ってしまい、先頭に出た後も彼の持続的な末脚は、1段上のものを全て持っているとしか、ただ単に力が上とか言うものではなくて血統面も含めて、全てに優位を感じました。

App4566

App4565

このレース、ピルサドスキーがパドックで馬っ気をだしたこと、それでもレースに完勝したことがメインの記憶となっていますが、レース直後に聞いた話では、クセのようになっているだけのことで全くラッド達は心配していなかったとのことでした。

結果をみると、このレースの着順が現在までの血統的な優劣を表しているように感じられてなりません。

優位な血統が勝てないのが日本の競馬の現在の状態であることも忘れてはいけないのかと。。。ある面思います。

Kt1

ドイツ馬で世界を駆けめぐっていたカイタノ

34_2

26

オスカーシンドラー、アスムッセン騎乗

« 10月26日新馬戦よりアンライバルド、リーチザクラウン、ブエナビスタ、ツルマルハロー、トップゾーンなどなど | トップページ | 「超豪華内覧会スワンS」マイネルレーニア1着、ローレルゲレイロ、スズカフェニックス、ファイングレイン、ファリダットなど »

ジャパンカップ(90年代)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月26日新馬戦よりアンライバルド、リーチザクラウン、ブエナビスタ、ツルマルハロー、トップゾーンなどなど | トップページ | 「超豪華内覧会スワンS」マイネルレーニア1着、ローレルゲレイロ、スズカフェニックス、ファイングレイン、ファリダットなど »