2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« パドック百景「ニホンピロウイナー」眼で殺すマイル王Nihon Pillow Winner | トップページ | 厳しさを感じた新馬戦。テスタマッタ、タイガーストーンなどなど »

「リピートブルーの土曜日」ルミナスハーバー7着。だから八つ当たり!

Img_7816

土曜日ルミナスハーバーが久多特別に出てくるため観戦に。

56キロの実質トップハンデ、1番人気と注目されながらのレースでしたが7着。。。カチンカチンより一歩前の馬場で1400というタキオン産駒得意の馬場での敗戦は、ちょっとショックです。

Img_7846

Img_7849

パドックでは、前回で仕上がっているのを証明するように上積みは考えにくい平行線のデキでした。

あるようにいわれ人気をあおる結果となった叩いての上積みはどこにも感じませんでした。

前走でも力は休養前と同様出しており、ただ騎乗方法があまりにひどかっただけでしたから、(だからハンデキャッパーもあんなレースで8着なら相当強いから、前走着外の牝馬に56㎏なんて聞いたことがないですけど、ハンデをつけたんでしょう。)同じことをしていてはまた負けるだろうことは確実であり、厩舎も武騎手を同厩の他馬にあてがってでも何とかこの馬だけには一番人気になっているのに勝たしたくないのか騎手は変更がありませんでした。

Img_7859

結果は全く前回と同じです。生きたがる馬を無理に押さえて口を割らせて。。スタミナを消耗させ、3コーナーでは下りでも行きたがる素振りはみせず落ち着くので、そのままにして控えてしまって。後手を踏んだまま4コーナーでは生け垣までに仕掛けてしまったために勢いがついて、一頭だけ4コーナーを外にふくれて回って大きな距離損をして、他の馬より思い重量で他の馬より長い距離を早仕掛けで走らせれば。。

必ず惨めに負けます。私には必ず負ける方法をやったようにさえ見えました。

4コーナーで眼を一度閉じました。。。。。信じましたが、そんな名馬クラスの脚があるわけではありませんでした。

この騎乗法でJF後は4戦1勝、着外3回、1着後は故障で1年半休養のダメージ付き。。。それでもなぜこの騎乗をするのでしょう。JFのようにマイペースの競馬が良いと結論が出ているのにです。。。

Img_7864

(同じように先行した馬たちは全て内側で伸びているのですが赤帽で黄色いマスクの彼女は大きく外側を通っています。)

今回は京都が内が良く、先行馬はどんなに窮屈になっても絶対内側を通って、追込みは出来るだけ直線までは内でコースロスを無くしてとなんとか一つでも着順をあげようと他の騎手が一生懸命やっている中、この騎手だけがスタートした途端に、外に持ち出してその外側で控えるという誰もが考えない一つでも着順が下がるような凄い騎乗をしました。

ちなみにこのレースで勝った馬は、同じようなスタートから内側で先行させてそのまま逃げ切りました。

その先行馬ペースの中を無理に控えて外側から追込もうとしたのです。マイペースでついて行けば2着以上も可能性がありましたが、可能性のない方を選んで乗られました。

Img_7878

(鞭を持ち替えられない鞍上ですので、右鞭では内側に密集している馬の外への圧力をもろに受けます。)

(※競馬を始めるとまもなくハンデ戦でハンデの重い馬は、末脚が鈍るから少し無理をしてでもその分前に位置すると学習するのですが、この金言を実行しないのですから好走は今後も無理です。。。この鞍上ならですが。)

Img_7889

(最後はハンデが勢いを止めました。)

内側有利の馬場での秋華賞ではどうなったでしょう。

勝った騎手は久多特別と同様岩田騎手。内側をえぐりました。小牧騎手は、外枠から外側で控えて走らせて着外。追い込んでくるトール、ムードでさえレジネッタよりどの場所でも内側を走らせていたのは印象的でしょう。

隣枠の逃げ馬エアパスカルについて行けば楽に内側がとれるのにそうしませんでした。

「4コーナーまでは理想的に運べたが、そこから手応えの割に馬が伸びてくれなかった。」おなじみの馬に全ての責任をなすりつけるコメントが聞かれました。土曜日も日曜日も秋華賞も同じコメントでした。そんなに手応えと馬の反応が違うんじゃー。。。。。コメントそのものが嘘と言っても良いのではないでしょうか。

もう一つ疑問に思うのは、つまりこの騎乗法がされたのはこの馬が確固たる人気馬になった後からなんです。

もし人気馬が確実に馬券に絡まないとレース前に分かっていたらどうでしょうか。配当は確実に高配当になるので倍率を見ながら馬券の種類を選んで総流しをしてもかなりの確率で儲かることになります。外外を走れば、負荷をかける無茶な騎乗なら、今週のような馬場なら、力の差がない場合や混合戦のトップハンデの牝馬なら確実に着外になります。

原因は馬が走らなかったんです。それで誤魔化せる。

そしてわざとそれをやっていても乗り替わらなければそれは分かりません。少し関係者が協力すれば良い。。負荷をかければやがて馬は故障します。。。それで何も残らない。

馬鹿を見るのは毎回応援に重いカメラと上着をもって行ってる競馬サークルとは一切関係ない奴らだからどうでも良い。

悪く考えた方が事実が自然につながるのが秋華賞後考えてゾッとしてしばらく固まりました。彼女についてのこの件は次走でわかるでしょう。今回の結果で沢山のファンに迷惑を掛けたからです。

このクラスにいる内は常に人気になるから、何とかしなければと、普通なら厩舎がいろんなことをしなければならないからです。

厩舎自体は、馬券の売り上げで成り立っていますから、いつまでも変なことをしていたら、全体の馬券の売り上げに永遠に響きます。やがては自分たちが滅びるのですから。。。

これをやらないなら厩舎も。。。黒いことを考えずに次があると思って待ちましょう。。

« パドック百景「ニホンピロウイナー」眼で殺すマイル王Nihon Pillow Winner | トップページ | 厳しさを感じた新馬戦。テスタマッタ、タイガーストーンなどなど »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/24616643

この記事へのトラックバック一覧です: 「リピートブルーの土曜日」ルミナスハーバー7着。だから八つ当たり!:

« パドック百景「ニホンピロウイナー」眼で殺すマイル王Nihon Pillow Winner | トップページ | 厳しさを感じた新馬戦。テスタマッタ、タイガーストーンなどなど »