2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

97年ジャパンカップ「今も続く予想図」ピルサドスキー、エアグルーブ、バブルガムフェロー

App4567

App4568

App4569

この年のジャパンカップは、世界のトップグループにいるピルサドスキーが出走し、いくら目玉の馬が走らないJCでもこのクラスになると負けようがないだろうと思われたレースでした。

App2379

App2390_2

Ps4_2

App4573

App4576

App4577

そしてレース結果はその後、現在も続く血統の優劣を示すような結果になり、次の年の結果も含めて非常に興味深いものになりました。

Bgf3_2

App2376_2

13

日本の競馬は、このレースに出走したバブルガムフェロー等最初の頃の世代の大成功により、サンデーサイレンスの優位が確立され、継続した大成功から生産自体が1頭の種牡馬を中心にしてまわってしまいます。そのためサンデーばかりのクラシック戦になり、距離適性が少し薄れてしまい競馬の魅力の一部分を奪れてしまいました。サンデーばかりを相手に戦ったサンデー産駒の三冠馬は国内では圧倒的な強さをしめしたものの、海外では敗れており、その敗戦は他の年のレースのレベルで高かった年に参戦し、惨敗した馬との比較で果たしてその優位が証明できるかどうか疑問すら感じさせました。

この当時バブルガムフェロー等で感じたことは、1800から2000位で圧倒的な強さがあり、その周辺の距離でも急激な適性の下降がないことでした。

App2377

Ag3

16

115

114

これはエアグルーブのトニービンにも言えたのだろうと思います。少しこちらの方が長距離には優位性があるかなと思われましたが、同じように中距離での瞬発力でとそれを持続させるフォルムに優れていると思いました。

ピルサドスキーはダンジグ系の父に、母系にはヨーロッパの王者が顔を見せる現在も欧州の主流となっている血統です。

レースではその瞬発力で、サンデーとトニービンの代表産駒に勝ってしまい、先頭に出た後も彼の持続的な末脚は、1段上のものを全て持っているとしか、ただ単に力が上とか言うものではなくて血統面も含めて、全てに優位を感じました。

App4566

App4565

このレース、ピルサドスキーがパドックで馬っ気をだしたこと、それでもレースに完勝したことがメインの記憶となっていますが、レース直後に聞いた話では、クセのようになっているだけのことで全くラッド達は心配していなかったとのことでした。

結果をみると、このレースの着順が現在までの血統的な優劣を表しているように感じられてなりません。

優位な血統が勝てないのが日本の競馬の現在の状態であることも忘れてはいけないのかと。。。ある面思います。

Kt1

ドイツ馬で世界を駆けめぐっていたカイタノ

34_2

26

オスカーシンドラー、アスムッセン騎乗

鎖を解く日はいつ?ルミナスハーバー

Img_7840

次は11月16日の牝馬限定戦だとか。。。

また同じ鞍上なのでしょうか。。場内のため息の中、失速していく姿はもう耐えられません。。しかも今度は女王杯の日。。。

前走、馬場が良いのにわざと外を回って、口を割らしてまで押さえつけ、後手を踏んでそれで4角手前早仕掛け、4角で外にふくれ、トップハンデで、勝てといっても無理。。。

敗因は全て彼女の状態にされ。。。4コーナーで着外が確定しているのに「手応えの割に伸びなかった。」では。。。

競馬ではない。。。成績を見るとレースの上がりと自身の上がりが差があまりなくいかに前半に良い位置を取って粘るかが時計面からは出ていますが。。。休養前も併せてですが。。。

Img_7829

前走のエイト紙面では調教師がどんな競馬でもできるとのコメントがあり、それならもっと先行して欲しいのですが。。

その方が絶対的に成績が良いのは常道ですし。。。また同じ鞍上で、G1の日で他の馬には外国人騎手を含めて名手が乗って、その中を1番人気で、またわざと負けてしまうのでしょうか。。。。この乗り方でデビューから6走で故障したので、出来れば本来の姿でレースをして勝って少し休養させてあげたいのですが。。。。。

関係者に勝つ気がないのかHPにもなにも勝とうする表現が出てこないのが。。。。。普通1番人気をあんなかたちで2度も裏ぎったら考えますが。。何か他の事情があるのでしょうか。牝馬ですから1000万を勝てば後が非常に楽な感じがするのですが。。。

とにかく壊されないで欲しいが本音です。。。来日オーケストラの高額コンサートのチケットを捨てて、次回は観戦です。

10月26日新馬戦よりアンライバルド、リーチザクラウン、ブエナビスタ、ツルマルハロー、トップゾーンなどなど

Img_8289

(アンライバルド)

菊花賞をあきらめて、朝のレースへ。

1600未勝利、1200牝馬限定新馬、1800新馬とみてきました。

Img_5179

1800の新馬は、社台系の血統馬が出てきました。

アンライバルドは、ネオユニヴァース産駒で母がバレークイーンです。少し首が兄弟と比べると短くて軽いかなと感じました。どちらかといえばボーンキングと似たような雰囲気です。全てが上手くまとまっている感じでした。

Img_5128

Img_5143_2

リーチザクラウンは素晴らしい馬体、惚れ惚れします。

スペシャルウィークで姉がクラウンプリンセスで、血統的にはガリガリに近い方が良いのかもしれないので太いかもしれませんが。素晴らしい馬でした。

Img_5169

Img_5155

Img_8272

Img_8274

Img_8329

ブエナビスタは、兄のオーラに似た軽さがありました。

こちらの方がスタミナというか、少し兄とはと違ったものも持っている感じもしました。

レースは、3Rで1600未勝利戦がおこなわれ、まだ内の方が伸びていましたので、内側をどれだけ上手く走れるかがポイントになり、馬が違う感じがしたリーチザクラウンが鞍上がいつもの通り、激しい争いを避けて、外側を進み、コーナーでも後手を踏み続けたために、上がりの競馬となっては、わざと作ったコースロスは非常に大きく、差し届かず勝利をアンライバルドに渡してしまいました。

Img_8290

スペシャルウィーク産駒だけに何度もこういった競馬をしているとそのうち馬が心から崩れてくる場合があるので、とても良い馬なので何とか鞍上を交替してちゃんと勝たせること、馬本位であることが大変重要だと思います。もっと自然に前にいって押し切るだけの体力、血統、馬体を示していただけに残念です。その方が勝てましたし、ダメージ的にも少ないですし。。。。

姉も早め押切で夏に勝ちましたし、豪快な追い込みが脚質ではないはずです。

Img_8211

(オーバルシェープ)

逆に未来を手に入れたのがアンライバルドです。3Rに出てきたオーバルシェープがネオユニヴァース産駒の間隔をつめて使った際の不具合さを示してくれただけにここは是が非でも勝利が欲しい場面でした。外枠から内側を早く取った岩田騎手の上手さが光りました。

これでゆっくり使ってゆければ相当の可能性があるだろうと思います。騎乗の巧拙で本来考えられていたこととは違った未来が作られていくのを目の前で見て少しゾッとした新馬戦でした。

ブエナビスタは、内側を走らせて、そこから直線外に持ち出しての3着でしたが、この馬もゆっくり使ってほしい1頭です。

Img_8242

ダートで牝馬限定の1200新馬はツルマルハローが圧勝しましたが、少しレベルの低さを感じました。

武騎手騎乗で返し馬で行こうとしたら、凄く引っかかったのでどうなるかと思いましたが、スピードで圧倒しました。

胸幅があり、堂々としているのがパドックでは印象的でした。

Img_8219

1600未勝利戦を勝ったのはトップゾーンです。後脚の筋肉が凄くてビックリしましたし、ステイゴールド産駒にしては、胸幅なども堂々としています。全体的に強い感じのする馬でした。歩くのが速くて、後続の馬が首を少し使わないと追いつけないほどでしたので基礎体力は相当シッカリしていると思います。

厳しさを感じた新馬戦。テスタマッタ、タイガーストーンなどなど

Img_7945

18日、19日と新馬戦を見ましたが、厳しいレースとなりました。内側が良いために、内を狙って何頭もが固まって間が狭くなり、その中で身体をぶつけ合うようにレースをしなければならないからです。

ただその厳しさを切り抜けるだけの古馬並みのスキルや競り合った中で絶好の馬場状態で全ての馬が伸びている中をさらに脚を伸ばす瞬発力を勝った馬だけでなく、少なくとも3着くらいの馬までは持っているのにはホントに驚きましたが。。。

Img_7943

これだけ厳しいレースをし、鞍上のの要求に応えようとするレースを新馬からするからこそ、関西馬自身の素質もかれ、自然とレベルアップしていくのだろうと思いました。

他のレースも含めて良いポジションからはじかれて関東のように良いポジションがとれず、後手を踏んでいる三浦騎手の姿が印象的でしたが関東のレースでは、その部分の厳しさが少し欠けている部分でもあるのかなと思います。

19日のテスタマッタの勝ち方には驚きました。ゴール前でみんな伸びていて11秒台の上がりの中を2馬身以上追いつめて勝ちきりました。

父はボールドルーラーからAPインディに広がる血統です。ボールドルーラーの直仔の場合はちょっと鈍くさいところ、カッとするところが目立ちましたが、年代を重ねることによって日本に合う血統になってきているのかもしれません。

意外とこの血統がサンデー後の血統なのかもしれません。とにかく力強さ、速さが印象的でした。

Img_7804

(18日)

18日、タイガーストーンは3頭の競り合いを制しての勝利でした。短距離が得意なのでしょうが、長い競り合いを制しての1着は強烈に感じました。アフリート産駒ですので、

上手くいけば種牡馬候補です。精神力は凄いものがあるかもしれません。

「リピートブルーの土曜日」ルミナスハーバー7着。だから八つ当たり!

Img_7816

土曜日ルミナスハーバーが久多特別に出てくるため観戦に。

56キロの実質トップハンデ、1番人気と注目されながらのレースでしたが7着。。。カチンカチンより一歩前の馬場で1400というタキオン産駒得意の馬場での敗戦は、ちょっとショックです。

Img_7846

Img_7849

パドックでは、前回で仕上がっているのを証明するように上積みは考えにくい平行線のデキでした。

あるようにいわれ人気をあおる結果となった叩いての上積みはどこにも感じませんでした。

前走でも力は休養前と同様出しており、ただ騎乗方法があまりにひどかっただけでしたから、(だからハンデキャッパーもあんなレースで8着なら相当強いから、前走着外の牝馬に56㎏なんて聞いたことがないですけど、ハンデをつけたんでしょう。)同じことをしていてはまた負けるだろうことは確実であり、厩舎も武騎手を同厩の他馬にあてがってでも何とかこの馬だけには一番人気になっているのに勝たしたくないのか騎手は変更がありませんでした。

Img_7859

結果は全く前回と同じです。生きたがる馬を無理に押さえて口を割らせて。。スタミナを消耗させ、3コーナーでは下りでも行きたがる素振りはみせず落ち着くので、そのままにして控えてしまって。後手を踏んだまま4コーナーでは生け垣までに仕掛けてしまったために勢いがついて、一頭だけ4コーナーを外にふくれて回って大きな距離損をして、他の馬より思い重量で他の馬より長い距離を早仕掛けで走らせれば。。

必ず惨めに負けます。私には必ず負ける方法をやったようにさえ見えました。

4コーナーで眼を一度閉じました。。。。。信じましたが、そんな名馬クラスの脚があるわけではありませんでした。

この騎乗法でJF後は4戦1勝、着外3回、1着後は故障で1年半休養のダメージ付き。。。それでもなぜこの騎乗をするのでしょう。JFのようにマイペースの競馬が良いと結論が出ているのにです。。。

Img_7864

(同じように先行した馬たちは全て内側で伸びているのですが赤帽で黄色いマスクの彼女は大きく外側を通っています。)

今回は京都が内が良く、先行馬はどんなに窮屈になっても絶対内側を通って、追込みは出来るだけ直線までは内でコースロスを無くしてとなんとか一つでも着順をあげようと他の騎手が一生懸命やっている中、この騎手だけがスタートした途端に、外に持ち出してその外側で控えるという誰もが考えない一つでも着順が下がるような凄い騎乗をしました。

ちなみにこのレースで勝った馬は、同じようなスタートから内側で先行させてそのまま逃げ切りました。

その先行馬ペースの中を無理に控えて外側から追込もうとしたのです。マイペースでついて行けば2着以上も可能性がありましたが、可能性のない方を選んで乗られました。

Img_7878

(鞭を持ち替えられない鞍上ですので、右鞭では内側に密集している馬の外への圧力をもろに受けます。)

(※競馬を始めるとまもなくハンデ戦でハンデの重い馬は、末脚が鈍るから少し無理をしてでもその分前に位置すると学習するのですが、この金言を実行しないのですから好走は今後も無理です。。。この鞍上ならですが。)

Img_7889

(最後はハンデが勢いを止めました。)

内側有利の馬場での秋華賞ではどうなったでしょう。

勝った騎手は久多特別と同様岩田騎手。内側をえぐりました。小牧騎手は、外枠から外側で控えて走らせて着外。追い込んでくるトール、ムードでさえレジネッタよりどの場所でも内側を走らせていたのは印象的でしょう。

隣枠の逃げ馬エアパスカルについて行けば楽に内側がとれるのにそうしませんでした。

「4コーナーまでは理想的に運べたが、そこから手応えの割に馬が伸びてくれなかった。」おなじみの馬に全ての責任をなすりつけるコメントが聞かれました。土曜日も日曜日も秋華賞も同じコメントでした。そんなに手応えと馬の反応が違うんじゃー。。。。。コメントそのものが嘘と言っても良いのではないでしょうか。

もう一つ疑問に思うのは、つまりこの騎乗法がされたのはこの馬が確固たる人気馬になった後からなんです。

もし人気馬が確実に馬券に絡まないとレース前に分かっていたらどうでしょうか。配当は確実に高配当になるので倍率を見ながら馬券の種類を選んで総流しをしてもかなりの確率で儲かることになります。外外を走れば、負荷をかける無茶な騎乗なら、今週のような馬場なら、力の差がない場合や混合戦のトップハンデの牝馬なら確実に着外になります。

原因は馬が走らなかったんです。それで誤魔化せる。

そしてわざとそれをやっていても乗り替わらなければそれは分かりません。少し関係者が協力すれば良い。。負荷をかければやがて馬は故障します。。。それで何も残らない。

馬鹿を見るのは毎回応援に重いカメラと上着をもって行ってる競馬サークルとは一切関係ない奴らだからどうでも良い。

悪く考えた方が事実が自然につながるのが秋華賞後考えてゾッとしてしばらく固まりました。彼女についてのこの件は次走でわかるでしょう。今回の結果で沢山のファンに迷惑を掛けたからです。

このクラスにいる内は常に人気になるから、何とかしなければと、普通なら厩舎がいろんなことをしなければならないからです。

厩舎自体は、馬券の売り上げで成り立っていますから、いつまでも変なことをしていたら、全体の馬券の売り上げに永遠に響きます。やがては自分たちが滅びるのですから。。。

これをやらないなら厩舎も。。。黒いことを考えずに次があると思って待ちましょう。。

パドック百景「ニホンピロウイナー」眼で殺すマイル王Nihon Pillow Winner

App0540

85年秋の天皇賞、距離が合わないにもかかわらず、ルドルフを倒すために本気で挑戦し、レースにもルドルフにも敗れましたが、外を回って最後に勝ったギャロップダイナの斜行にを受けながらの僅差の3着は、ウイナーの底力の凄さを表すものでした。

App3310

(2才)

パドックで騎乗合図がかかり、一通り取り終えたので離れようと最前列から動き出した際に光っているような眼にドキッとして、その眼光にコントロールされるように夢中になり、撮ったのがこの1枚です。

勘違いでしょうが、気持ちが走りにこもっている人間に近い感情があるような理知的な面を持ち合わせている存在がウイナーでした。

App0362

(4才)

2才時(デイリー杯)4才時(スワンS)と比べるといかに彼が5才時に充実していたのかわかります。

彼が最初にいて日本のマイル路線は確立しました。

パドック百景「ミスターシービー叩き一変の三冠」83年菊花賞

App3687

Mr.C.B(83年菊花賞↑菊花賞パドック↓)

休養あけを叩いて2走目で叩き一変したケースの一番わかりやすい例が、83年ミスターシービーの菊花賞でしょう。

ダービーを勝った後、休養して京都新聞杯に出てきたのですが、夏風邪を引いて順調さを欠いたらしく、直前のトライアルの京都新聞杯には、急仕上げで出てきました。

83kmcb18

83kmcb17

83kmcb16

83kmcb19_2

83kmcb2 

元気はあるもの、何となく肌の色とか、仕草とかがこちらに訴えるものがなかった感じでした。カツラギエースにこのレースは大差をつけられて敗れています。

菊花賞のパドックは写真をみて思ったのですが眼の色も違います。

前走よりキビキビ歩けているなと感じたこと。

急に手足が伸びたんじゃないかと思うくらい馬体でした。

今見返してみると首の使い方や力の入り方も違うようです。

83kysmcb019

83kysmcb22

83kysmcb021

83kysmcb023

83kysmcb024

上が菊花賞、下が京都新聞杯です。

「もっとも印象的な無名のステイヤー」パッシングサイアー82年菊花賞2着

App3255

(82年菊花賞)

11月に菊花賞が行われた頃は、ステイヤータイプの馬が一気に秋に完成してくるために、菊花賞で勢力図があっけなく変わってしまうことが良くあり、それがとても面白く、菊花賞を他のレースとは違うものにしていました。

パッシングサイアーは、夏前に賞金的に権利はとって10月京都大賞典にでてきます。同じ3才で牝馬のメジロカーラに敗れて5着となりますが、開幕週で当時としては早いタイムの決着であり、長距離タイプにはどう考えても不向きなレースであることが分かり、それでも結果的に差がなかったので、叩かれたことでどう考えても向いている菊花賞で期待がもてると思いました。

App3258

82kiku05

(菊花賞)

父ゲイサンは、凱旋門賞馬のファイントップ系であり、母父は、当時最高の血統とされた凱旋門賞馬ヴェイグリーノーブル(ハイペリオン系)でしたから、秋に強くて当たり前、距離が伸びて強くなって当たり前の血統で、思いこまなくても何かを感じさせる血統でした。

82kydps01

82kydps02

(82年京都大賞典)

菊花賞のパドックでの眩いばかりの馬体には感動しました。

結構パッドックは時間が長くて、どんな時でも飽き飽きする感じが少しは生まれますが、このときは何度でも完璧で芸術品のような馬体を鑑賞したい欲望が尽きませんでした。

結果は、ホリスキーのレコード勝ちの中を追いつめたけれどの2着。。結果的にこの菊花賞が最後のレースとなってしまいました。

いまでも彼が最高のステイヤーの一頭と信じています。

神戸新聞杯その2、ブラックシェル、オウケンブルースリ、スマイルジャックなどなど

Img_7378 

ディープスカイに負けはしましたが、この世代のメンバーは、総合力はないけれど、はまった条件なら強い感じがします。

ブラックシェルは、距離が長いと感じられる2400で、2度も良いレースをしました。坂の分だけ末脚が切れなかったですが、この2着は今後には賞金面で有利でしょう。

Img_4923

正月京都でのレースを思い出すのなら、この馬の本領は、直線坂のないコースの方が良いでしょうから、マイルCSならほんとおもしろい存在になると思います。

Img_5027

Img_5030

オウケンブルースリは、トニービン系だけに菊花賞となるとどうでしょうか。本質的には菊花賞は少し長いかもしれません。

Img_4927

Img_7275

きっと中距離を追い込んで勝負する馬なのでしょうが、これ以上の長距離特性を持たないメンバーになった時には、チャンスがあるのかもしれませんが。。枠順と京都の馬場の出来とかに本番は影響されるでしょう。

スマイルジャックは、返し馬を異常なペースでやったのでこれで落ち着いて走れるのかと思っていたら、やはり引っかかってしまいました。

Img_4925

おまけに直線では内に馬がいるけれど、左鞭のため、叩いては内にササり、立て直しては叩いてはまた内にササりの繰り返しで、ほとんど上と下がアンバランスなまま終わってしまいました。小牧騎手は直線で鞭が持ち替えられないために、最初にレース展開を予想して鞭を持つために、どうしても道中を予想したとおりに運ばせようとして、持ち味を殺してしまうときがありますが当たればムダがないので、大穴を演出してしまう時があります。

本番が内枠なら、内側はラチだけですので、大掛があっても不思議では無いと思います。ただタニノギムレットもグレイソブリンが入っているので距離の壁は思っているよりあると思います。

Img_7363

ベンチャーナインは、とても良い馬でした。雰囲気があって推進力があるので、恐い感じがします。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »