2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

« 「雄大なオーラ」ロンググレイス83年女王杯勝馬 | トップページ | 「まっすぐな快速」アストンマーチャン07年スプリンターズS勝馬 »

「フェアなレース。フェアな結果。ローズS」マイネレーツェル1着

Img_7220

オークスで断トツで一番不利(内側にいたので立て直す進路もない分も含めて)を受けたマイネレーツェルが、直線で乱れがなかったフェアなレースを制したのは当然の結果と言えると思います。

Img_7219

Img_7223

Img_7134

前のレースでクラブ持ち馬のルミナスハーバーが1年半振りに復活したので、この馬が何で人気がないのかが、なにも調べられずに調教が余程悪かったからくらいしか思いつかなかったのですが、きっと何かあるのだろうと静観してしまい複勝すら買えませんでした。

Img_7125

パドックで感じたのは、トールポピーがあまり成長がないかなと思ったことと、ムードインディゴ、レーツェル、メイショウベルーガが素晴らしく見えたこでした。レジネッタは冬に見ていますがその時は細い馬でしたので随分形がシッカリしてきたなと感じました。

Img_7149

Img_7142

1800の毎日杯からダービー馬がでたように東京の2400とリンクしている感じのするコースでオークスと同様な道悪になり、結果的には同じような適性と実力が求められた中でのフェアなレースの結果は、やはり一番不利を受けた馬が1着となり、オークスでの不利がいかに大きかったか、

Img_7117_2

Img_7173

それによりいかに公正な結果が出ないかを表してくれました。

京都内回りが得意なステイゴールド産駒だけに本番も同じパフォーマンスを期待しても良いのが楽しみです。

牝馬クラシックは、春の2冠ともに勝馬が斜行し、本来勝ったであろう馬を妨害して勝ってしまう結果となりましたが本番も今回はフェアなレースをお願いしたいと思います。

どうせ馬券ははずれるので、その時にプラスしてその怒りがこみあげてくるのだけはとても嫌なことですし、競馬の将来を壊してまで勝ちにこだわる権利は騎手には与えられていないはずです。

皐月賞1角のようにむりに行かせて前が詰まって、いきなり確かめずに外に斜行して後ろの馬が全て影響を受けて、全ての結果どころか、その馬の将来すら変わってしまうことになり、結局フェアなレースをしている側が損を丸ごとおってしまうこともありますので。

« 「雄大なオーラ」ロンググレイス83年女王杯勝馬 | トップページ | 「まっすぐな快速」アストンマーチャン07年スプリンターズS勝馬 »

トピックス2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「雄大なオーラ」ロンググレイス83年女王杯勝馬 | トップページ | 「まっすぐな快速」アストンマーチャン07年スプリンターズS勝馬 »