2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

« 「雄大なオーラ」ロンググレイス83年女王杯勝馬 | トップページ | 「フェアなレース。フェアな結果。ローズS」マイネレーツェル1着 »

誰の上に9月の雨は降るのか。。。ルミナスハーバー復活。8着

Img_6975

久しぶりのレースにしては、少し天候が悪すぎました。スピードで勝負する馬が、これでは。。後が心配ですが。。

パドックでは、雨のかかる場所と、屋根で雨がない場所があり、他の馬よりそれに敏感でした。

Img_6998

Img_7039 

馬体は、HPでふたまわり大きくなったとありましたが、やはり輸送で減ってしまってプラス6キロ止まりでした。

見てみると、肩の筋肉の発達が素晴らしくなっているのとトモの上の部分の筋肉が発達しているのが印象的でした。

JFの後グリーンウッドに伺ったときに、この部分に筋肉があれば素晴らしくなると伺っていましたがそうなっていました。体型的にはマイラー以上の体型になってきていると思われ少し期待が道悪と併せて少し薄らいでしまいましたが。。。

Img_7059

レースは、相変わらずです。スタートして、スピードが乗ってくるとこれ以上行かせないでおこうと、鞍上が無理な格好をして引っ張る。(バランスを後ろにかけて、引っ張り続けると馬が騎手の体重を必要以上に重いと感じてしまい、結局最後のスタミナをなくすことになるとは武騎手の意見です。)

Img_7069

コーナーになるとなぜか休養前と同じように彼女が行かなくなるので、折り合いがつくのだけれど、引っ張っていた姿勢から体勢をもどしているうちに後手を踏む。それで直線入口くらいから、なんであんなに行っていたのにこの位置かっていう後ろから気合いをつけて押しまくるという、外から見ているものにはわざと苦しいレースをして馬に負荷をかけまくっているように見える。コーナーで馬が勝手に折り合いをつけたので極端な姿勢から体勢を戻している間に内に入られて外外を回ることになり、なぜか外枠の差し馬にいつも内から差さされて。。。。

多分ですが彼女は、スタートしてからスピードにのって引かかったように行くけれど、その折り合いを気にしなくても、コーナーに入るところではいつでも折り合いがつくのではないでしょうか。だから、必要以上には押さえる必要はないと。

その方が同じエネルギーで前に行けることになる。坂路ばかりの調教なので、直線では凄く気合いがのるけれどそれ以外のコーナーでは一生懸命走らなくてもよいと条件反射で思っているのではないかと。そうなると騎乗方法は全くの正反対をやっていることになるのですが。

これは多分新馬戦の折り合いがついて33秒台で上がったレースを関係者も含めて理想にしていることと、鞍上が貯めていって最後に爆発するレースが得意なことの2つが原因ではと。

Img_7096

鞍上が是を得意なのは多分これはそういうレースが得意なナスルーラ、ノーザンダンサー系の馬に地方で数多く乗ってきて、そうなったのだと。ヘイロー系だとか、平均ペースが得意だった母父アリダーとか、母方と同じ構成のアリシーバとかは全くわからない。

彼女だってベストレースは、体調最悪ながら平均ペースで粘りきったJFであるはず。つまり正反対の考えで何もかもが進んでいることになる。。。。

意外と他の騎手にまかせたらなんでもなく。。押さえつけるのと、押さえない時の差はつかんでおいた方が良いと思うのですが。。(かつてミホノブルボンやカツラギエースなど、押さえることがよいと勘違いされていた馬たちが、間違いであったように)

そのためには、理由が多くつけられる今回が一番のチャンスだったのですが。

新しい悪夢の方が耐えられます。目の前での昔の悪夢のリピートには、短距離、道悪、入れ込み、休養あけと原因は他に一杯あるけれど、大いに失望しました。故障の原因となったレース運びをしてしまっただけに、週明けが心配です。

« 「雄大なオーラ」ロンググレイス83年女王杯勝馬 | トップページ | 「フェアなレース。フェアな結果。ローズS」マイネレーツェル1着 »

私の愛馬ゆるピカ日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/23915794

この記事へのトラックバック一覧です: 誰の上に9月の雨は降るのか。。。ルミナスハーバー復活。8着:

« 「雄大なオーラ」ロンググレイス83年女王杯勝馬 | トップページ | 「フェアなレース。フェアな結果。ローズS」マイネレーツェル1着 »