2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「凱旋門賞馬のかたちとは?」 | トップページ | 「雄大なオーラ」ロンググレイス83年女王杯勝馬 »

「燃える秋ふたたび」ダイワスカーレット

Img_4275

(07年女王杯)

ダイワスカーレットも秋の主役の一頭でしょう。女王杯から、有馬制覇を狙うのでしょうか。それとも。。。

Img_4168

Img_4218

確かに兄も名馬ですから、この馬の走る理由は個別なものがあるのでしょうが。タキオンに母父ノーザンテーストという組み合わせは、そんなに珍しく無くできるので、75%同じ血統の馬から、いろんな名馬が出てくるかもしれません。

Img_6556

(08年大阪杯)

ノーザンテーストもタキオンもはじめは早熟系と言われていましたが、早く仕上がってからジワジワ成長を続けるところは共通点であるように思えます。日本の競馬にはこういうタイプがサンデーを含めて種牡馬としてはむいているのだろうと思います。

Img_3332

(07年秋華賞)

« 「凱旋門賞馬のかたちとは?」 | トップページ | 「雄大なオーラ」ロンググレイス83年女王杯勝馬 »

トピックス2008」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「燃える秋ふたたび」ダイワスカーレット:

« 「凱旋門賞馬のかたちとは?」 | トップページ | 「雄大なオーラ」ロンググレイス83年女王杯勝馬 »