2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

« 「未完のままの夢」キタノコマヨシ | トップページ | アグネスディー「偉大なるはじまり」80年日経新春杯にて »

「テイオー以外のルドルフ産駒」アイルトンシンボリ、ジャムシード、キョウワホウセキ

App3624

トウカイテイオー(別に掲載)以外でルドルフ産駒というと

成績ならアイルトンシンボリ、話題性ならジャムシードと

いうことになるでしょう。(↓93年天皇賞春)

App3738

App3739

アイルトンシンボリは、ルドルフのためにヨーロッパから

勝ってきた繁殖のブルーエスケープの子供で、当時は

大変珍しいヌレエフ産駒でした。

App3483

(94年京都大賞典)

シンボリ牧場で伺ったところ、あまりにも良い馬ができて

しまったため、入れ込みすぎて、ダービーから逆算した

調教をしてしまったため、最初の口向きをつくるところで

後から考えれば時間が十分でなく、そのために左まわり

が少し不向きになってしまったとのこと、ヌレエフの系統が

東京で成績が上がっている現実をみれば、本当に残念

です。それでも大レースでも好戦し、95年秋の天皇賞で

勝ちかけますが、直線で前の馬にふらふらされ続けて、

僅差の3着に敗れています。

App3737

(93年天皇賞春)

App3482

App3484

App3514_2

当時、シンボリ牧場で、ルドルフ産駒は一軍と二軍があり

1軍とされたジャムシードはフランスに何頭かでわたり、

準重賞で勝ち星をあげ、G3で好戦しました。日本に帰って

からは、モッサリ速い足がない感じのタイプでしたが、馬は

良かった感じがしました。

App2911

App2913

(92年忘れな草賞)

もう一頭、クラシックに一番近かったのはキョウワホウセキ

でした。オークストライアルに勝って、本番では直線突き抜

ける感じで上がってきましたがそこで失速し3着でした。

東京新聞杯も勝っています。

« 「未完のままの夢」キタノコマヨシ | トップページ | アグネスディー「偉大なるはじまり」80年日経新春杯にて »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「未完のままの夢」キタノコマヨシ | トップページ | アグネスディー「偉大なるはじまり」80年日経新春杯にて »