2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 「ひっそりと咲いていた」マイライフスタイル | トップページ | 「テイオー以外のルドルフ産駒」アイルトンシンボリ、ジャムシード、キョウワホウセキ »

「未完のままの夢」キタノコマヨシ

App4453

凱旋門賞を勝ったラインゴールドを出すなど一流の種牡馬

成績をヨーロッパで残した後、日本でテスコボーイが

ブレイクした影響でその父のプリンスリーギフトの系統の

大人買いにより輸入されたファバージの産駒で、彼は大きな

馬体でしかもバランスが良く、誰もが頷くほどの馬でしたが、

大成できませんでした。

78年産ですので81年ダービー組ですが、ダービーでは

逃げて最下位に沈んでいます。

App4454

一本調子の馬で息を抜くとか、そういった感じの馬でなく、

自分の速さに任せて何でも解決しようとする感じがしま

した。

一番憶えているのは、オープンに出てきて、落馬、逸走

して、かなりのスピードで逃げてしまったため、捕まらずに

競馬場を2週してしまった事件をおこしてしまったことで

しょうか。

今のようにマイル路線が充実していたら歴史に名を残した

かもしれませんが。。なぜか武邦彦騎手がとても似合って

いました。

写真は多分3才正月競馬くらいで2勝目をあげたところだと

思います。

« 「ひっそりと咲いていた」マイライフスタイル | トップページ | 「テイオー以外のルドルフ産駒」アイルトンシンボリ、ジャムシード、キョウワホウセキ »

血統的必然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「未完のままの夢」キタノコマヨシ:

« 「ひっそりと咲いていた」マイライフスタイル | トップページ | 「テイオー以外のルドルフ産駒」アイルトンシンボリ、ジャムシード、キョウワホウセキ »