2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« ニシノフラワーとシンコウラブリイ「花か実か。」 | トップページ | 94年エリザベス女王杯 個性派の競演 ヒシアマゾン、チョウカイキャロル、オグリローマン »

シンボリ牧場にて 90年代

App3298_2

(調教を始めるメロディー)

ルドルフの産駒で、牡馬が買えると言うことで、そのころあったシンボリホースメイトに入会しました。

初めて持ったシンボリエンブレムが、ソエ、去勢、骨りゅうなどありとあらゆる競走馬の場面とその都度ぶつかるカベを体験させてくれて、ホント勉強になりました。

App3348

(外馬場の出入り口付近のエンブレム)

ホースメイトで最後に持ったのはシンボリメロディーです。

途中大きな怪我はあったものの何年も走ってくれました。

App3376_2 

(角馬場でのエンブレム)

ルドルフ産駒に共通していた気の小ささを彼ももっていて、追い抜かれて止めそうになって、またあきらめず走る姿はまさに自分にとっての名馬でした。

(坂路のもとになった練馬道場、ルドルフもここで鍛えられました↓)

App3320_2 

App331724 App3319

(ズルムーの外馬場調教風景)

成田にあるシンボリ牧場には、何度か行きました。皆さんとても優しくて、こいつ馬が好きだなと思うともう後は、牧場内で自分も放っておかれて、放牧状態で、時間を気にせずに馬を眺めていました。

App3300_3 

(右がメロディー号)

名馬ではないですが、牧場の風景の一部として見てください。シンボリ牧場はとにかく歩かせることがこのころの調教の基本でした。

App3299

(厩舎前から外馬場へ)

App3296

(事務所前の大木)

App4364_2

App4360

(シンボリメロディー)

現在のシンボリ牧場は、たしかウッドチップコースもできており少しトレーニングの様子も違うかもしれません 。もう愛馬会自体がなくなったので、牧場見学もできませんが一つの理想郷でした。

« ニシノフラワーとシンコウラブリイ「花か実か。」 | トップページ | 94年エリザベス女王杯 個性派の競演 ヒシアマゾン、チョウカイキャロル、オグリローマン »

叙情的駄作集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/20698905

この記事へのトラックバック一覧です: シンボリ牧場にて 90年代:

« ニシノフラワーとシンコウラブリイ「花か実か。」 | トップページ | 94年エリザベス女王杯 個性派の競演 ヒシアマゾン、チョウカイキャロル、オグリローマン »