2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

« 94年エリザベス女王杯 個性派の競演 ヒシアマゾン、チョウカイキャロル、オグリローマン | トップページ | サイエダティSayyedati 「日本にやってきたトップモデル(1000ギニー馬)」 »

94年安田記念 ノースフライト、スキーパラダイス、ドルフィンストリート、サイエダティ、ザイーテン、語り継がれない日本最高のレース

94ya2

ジャパンカップ以上のメンバーが揃った94年の安田記念。

なぜか語り継がれないレースです。

まだ安田記念が5月中頃施行で、ヨーロッパのマイル路線が本格的になる7月くらいまで間があるため、この1回だけですが、私自身にとってはですが信じられないメンバーがそろった感じがありました。

94yksp13 94yksp16

94yksp6_2

94yksp7

スキーパラダイス、08年孫のキャプテントゥーレが皐月賞を制しました。父はそのころのチャンピオンサイアーのリファード、気の荒い馬でした。前哨戦の京王杯を勝ちました。その後も武騎手騎乗で、フランスでも戦い、ムーンランドロンシャン賞を勝ちます。BCマイル2着もある馬です。

94kyds3 94ykds2 94ykds3

94ykds4_2

94ykds6

ドルフィンストリート、3才でフォレ賞を勝っていますから、相当な馬です。とにかくスタイルの良い馬でセンスを感じました。

94ykz3

ザイーテン、ダンジグの産駒で、モハメド殿下所有、2才の時に連勝しており、ミドルパークSも勝っています。岡部騎手騎乗でした。

94yksd2 94yksd4 94yksd7

サイエダティ、当時久しぶりに現れた強い1000ギニー馬でした。この馬にはあこがれがありました。サセックスSも勝っており中距離で活躍しました。

94yknf2 94ya1 94ya6

前哨戦の京王杯で外国馬4頭が上位を独占し、本番もと思われましたが、アッサリ、ノースフライトとサクラバクシンオーが正攻法の競馬で押し切ってしまいました。

そして競馬が終わってからとはいえ、2着に初代マイル王ともいえるニホンピロウイナーの産駒が入りました。

94ya12

相手が弱いとか同世代で一頭だけ抜けていて他が弱いだとかではよくありますが、レベルの高い戦いの中で見せたノースフライトの差し足の際だち方は、他のどのレースにもないものでした。なぜ語り継がれないのかが不思議な感があります。

今になって思えばマイルクラスの馬は名馬クラスになくても海外レースで勝ち負けするケースがよくあります。

それは、日本のこの路線のレベル自体が高いからですが、84年に始まったマイル路線の確立により、レベルアップが確実におこっていたのだと思います。

その成功した結果が出始めた最初の例がこのレースだと思います。

« 94年エリザベス女王杯 個性派の競演 ヒシアマゾン、チョウカイキャロル、オグリローマン | トップページ | サイエダティSayyedati 「日本にやってきたトップモデル(1000ギニー馬)」 »

ザグレートホース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/459744/20806673

この記事へのトラックバック一覧です: 94年安田記念 ノースフライト、スキーパラダイス、ドルフィンストリート、サイエダティ、ザイーテン、語り継がれない日本最高のレース:

« 94年エリザベス女王杯 個性派の競演 ヒシアマゾン、チョウカイキャロル、オグリローマン | トップページ | サイエダティSayyedati 「日本にやってきたトップモデル(1000ギニー馬)」 »