2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

« 88年牝馬クラシック アラホウトク、コスモドリーム 父内国産百花繚乱 | トップページ | 満開の桜にため息。。。大阪杯ダイワスカーレット1着 »

93年クラシック ナリタタイシン、ウイニングチケット、ビワハヤヒデ、新時代の幕を開けて力尽きた3強

App4175

(94年天皇賞春:阪神で)

ウイニングチケット、名前を聞いただけで、振り向いてしまい、そして豪快なレースっぷりを見ていると、何かを感じてしまう馬を中心にして、93年春のクラシックは幕を開けました。

93tm01

(93年高松宮杯:京都で↑、↓)

App4135

App4173

(94年天皇賞春)

皐月賞を勝ったのは、ナリタタイシンでした。ナリタタイシンは暮れのラジオたんぱ賞を勝って、クラシックに勝った最初の馬だと思いますが、トライアルの弥生賞で、きれいなレースをして負けたので、思い切った追い込みにして見事に、皐月賞とそれからの未来を手に入れました。

App4154 App4155

App4158

App4164_2

(93年菊花賞)

ウイニングチケットは、柴田政人騎手に初めてのダービーをもたらしますが、やはりなんと言っても父トニービンの存在が大きかった印象でした。

初年度産駒からのクラシックでのブレークは、日本にあう血統で海外の大きなレースを勝ってきた馬が何をもたらすか、ウイニングチケットのダービー制覇やジャパンカップ好走で示すことになり、円高をフルに使って、ヨーロッパの水準が確実に下がってしまうのが目に見えるほど、種牡馬や外国馬が買われることになりました。

App4156 App4159 93kikbh06 93kikbh03 93kikbh01 93kikbh02

(93年菊花賞)

春のシーズンでは、2冠とも2着と枠順やコース取りなど、力負けでない負け方をしたビワハヤヒデは、菊花賞を圧勝します。

この馬は実は関西馬なのですが、関東のレースが多くて、騎手も岡部騎手なのでそんな印象が全くない馬でした。

93年有馬記念は2着でしたが、1冠で年度代表馬に選ばれています。

94tsbh01 94tsbh03 94tsbh02 App4174 App4176 App4179

(94年天皇賞春:阪神で)

その当時血統表をみるとどうしても2000以上は無理の様な気がしましたが、94年には春の天皇賞、宝塚記念を勝ちました。

三冠馬ナリタブライアンの兄なので、オールマイティーに距離をこなせるのは血統的なものであると後でわかり再認識をしているころには、もう競馬場からビワハヤヒデも他の2頭も去っていました。

3頭とも強烈な印象を与えた馬でしたので、その姿を彷彿とさせるくらいの産駒が出てくるものと当然思いましたが、それすらかなわない状況は、競い合うのに燃え尽きていってしまう部分が多かったと思わざるおえないのですが。。。

« 88年牝馬クラシック アラホウトク、コスモドリーム 父内国産百花繚乱 | トップページ | 満開の桜にため息。。。大阪杯ダイワスカーレット1着 »

すばらしき名馬達 90~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 88年牝馬クラシック アラホウトク、コスモドリーム 父内国産百花繚乱 | トップページ | 満開の桜にため息。。。大阪杯ダイワスカーレット1着 »